--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/16

ピグマリオン第二グレード17回目&かけ流しはうるさい




ピグマリオン第二グレードが17回目まで終了しました。

たぶん、今やっている中で一番順調なのがピグマリオン。

その対極がDWEのプレグラです><

そして、とうとう、かけ流しを

「これうるさいんだけどー」

と消すことを要求するように…。

右脳から左脳優勢になってきたってことなのでしょうか。
スポンサーサイト
2014/02/03

ピグマリオン第二グレード13&14ネックは足し算




また、ちょっとブログの更新をサボっておりましたが、平日にピグマリオン第二グレードカリキュラム13を、昨日は14をしました。

そして、先日の記事に書いたマグプレートはまもなく終了です。

マグプレートは年中児には簡単すぎですね。

2年位前に買おうか迷いましたが、そのとき買ってやったほうが良かったかな。



ピグマリオン第二グレードは持っている教材は値段引いてもらえます。

我が家はひももようとカモシカパズルはすでに持っていました。

ピグマリオン第二グレードのカリキュラムはパズル類、図形、絵合わせなどは順調です。

ネックは足し算です。

数字同士になってしまうとどうしても指を使います。

足し算九九もかけ流したりして、七田で暗唱発表したのに忘れちゃったのかしら。

国旗はずっと覚えているのにね。

視覚記憶だからなのか、単に興味の問題か…。

足し算のプリントだけだと拒否されそうですが、パズルやぬりえ、折り紙、そしてカリキュラム最後のゲームのおかげで嫌がりません。
2014/01/30

ごほうびシールの効果はすごい(トイレトレではまったく効果なかったけど)




同じピグマリオン第二グレード仲間でもあるだのんさんの記事を読んで、我が家も採用させていただいたごほうびシール作戦。

マグプレートを一つ完成させたら、国旗シールをごほうびに台紙に貼るというのが息子のツボにハマりました。

マグプレートのお手本は28問。

あっという間に終わっちゃいそうな勢いなので、1日3つくらいでやめておこうと制しています。

このごほうびシール作戦、一般的にはトイレトレでよく使われていますが、我が家はまったく効果なしでした。

シールを貼ることにはそもそも興味もたずで、トイレトレは放置。

年少さんになる前くらいに自然にハズれました。

オムツはハズすものではなく、自然にハズレるもの。

を実感しました。

でも、取り組みにはこのごほうびシール作戦は今後もまだまだ使えそうです。

シール選びと台紙選びが重要かも。

国旗のシールはファッションビルの雑貨屋さんで買ったので下とは違いますが、こちらのほうが、国の種類が多いです。


2013/11/30

ピグマリオン第二グレード9回目とDWEブルーレッスン




昨日はピグマリオンの第二グレードをしました。

DWEのステップバイステップをBlueからやり直したところ、息子がそっちにハマってしまい、
今まで、ピグマリオンを喜んでしていたのに、
「ミッキーがいい!」
と。
本当気まぐれで><

英語に関してはプライオリティを下げてきたせいか、ペラペラには程遠いですが、好きみたいです。
言葉の遅れで経過観察になってから、英語はDWEを買っちゃったからしてきたようなものです。
もし、あのとき、高額の英語教材を買っていなかったら、日本語オンリーにしていたかもしれません。
でも、今、日本語かなり達者で、うるさいくらい。
そして、英語の歌を口ずさみ、楽しそうにDVDを見ている姿を見ていると、やってきてよかったと思います。
英語に苦手意識を持ったり、アレルギーはないように思います。

母語は大切と思いますが、グローバル化の中で英語がしゃべれてもという時代ですが、そこで私自身のように苦手とか言ってたら…。
何もしてなかったらしてないできっと悩むと思うので。

Blueのレッスンしている姿を見ると、年齢的にちょうどいいのかなと思います。

今まで、年齢相応よりちょっとむずかし目なことをさせてきましたが、ちょっと簡単な事をすると非常にくいつきがいいです。

先取りならぬ後取り派?

年長さんになったら、小学校向けの教材をしようかと思ったこともありますが、最近、むしろ、年齢相応か年中向けくらいをしたほうがいいのかなとも思っています。



ピグマリオン第二グレードは今回はカリキュラムをしました。

天地パズルの「こけし」に苦戦。

ヒントを出さずに見ていたら、

「できない。できない。」

と。

癇癪起こす手前で、

「一番大きいのから置いてごらん」

と言ったら、すんなりできました。

そして、

「ママに教えてもらったらできた~」

と^_^;


毎回、欠かさずある数は、カリキュラムに

「3と6、4と8を見せる」

と指示があるのですが、

ウッディブロックで見せようとすると、息子が

「○○くん(自分)がやるー」

といって、取り合いになるので、

仕方がないから、

「3は?」

「6は?」

と自分でさせました。

カリキュラム通りに取り組む自体が難しい><

最後に平面図形サイコロを作って遊びました。
2013/11/25

ピグマリオン第二グレード8回目




昨日は久しぶりにピグマリオン第二グレードのカリキュラムをしました。

大人から見ると一番楽しそうと思える色板トントン。

2013-11-24 象
息子はたぶん、あんまり好きではないようです。

親(私)に似て無精なようで面倒くさそうです><

全部パズルを完成させてから、打てばいいのに、置いた側から釘をうち、
「あれ、違う!」

とはずしています。

釘でトントン、パズル、それぞれ単独ならそんなに難しくはなさそうですが、両方というのが頭を使いそうで良いですね。

こういうのを黙々と淡々とこなすお子さんは器用で集中力があるのだろうなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。