--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/06

駿台・浜学園の教育相談を受けました




先日受けた駿台・浜学園のオープンテスト。

無料なのに、WEBでの解説、無料の教育相談がありました。
ありがたいですね。

テスト結果の分析や今後の学習のポイントをアドバイスいただけるということなので、
電話でお願いしました。

学習内容などは今の感じで良いのではないか。

ということでした。

低学年のうちは楽しく勉強することが大事。
とのことで、
とくに大手塾の通信などは必要ない。

今のままの教室に通い、物足りない場合は2年生から塾に通うことを検討してもいいかもしれない。
というアドバイスをいただきました。

ずっと通信教育をするかを迷い、たとえしたところで、時間がなくてやりきれないだろうと思っていたので
スッキリしました。


そして、話題は
低学年の駿台浜学園の塾の内容になり、
毎日家庭で学習する課題があり、毎回定着度を確認するテストを行うということでした。

それだけ低学年のうちから学習しているなら、
低学年から通っているお子さんは、高学年になってからも上位のクラスにいらっしゃるのでしょうか?
と伺うと、
・必ずしもそうとはいえず、中には、もちろん、ずっと上位にいる子もいるが、下のクラスからジワジワ上がる子もいる、
上がらない子もいる。

ということでした。
私の勝手な印象ですが、低学年から通っていて上位のクラスに在籍している子はそんなに多くないのかもと感じました。

ただ、駿台・浜学園の「最高レベル特訓」という算数のクラスは関西のほうで、
定評があり、とても人気があるそうです。

「最高レベル特訓」は無料のオープンテストではなく、有料のテストを受けて、50位以内なら受講できるそうですが、
この間の無料のオープンテストに比べ塾生が受けるため、レベルも内容も高いそうです。

そしてテスト結果のデータももっと細かく出るのだとか。

この間のテストの解き直しをしただけでも、
勉強になったので、日程があえばそのうち受けてみようかな。

先日の四谷大塚のリトルオープンテストの正答率3%の問題に解答できるようなお子さんが通うのでしょうね。


この問題、説明したら、理解していましたが、
問題見て、解法をまったくイメージできなかったみたいです(-_-;)、

算数については、

低学年のうちは
・計算問題
・文章題
・パズル系の問題
をしておくといいというアドバイスをいただいたので、
夏休みは、ハイレベ100小学1年さんすう小学1年 算数 ハイクラスドリルを引き続きする予定です。

文章題は、こちらが良さそうなので、余力があれば・・・。




国語は聞き忘れました><

ブンブンどりむをとるか、↓あたりの問題集をしようかと思っています。


スポンサーサイト
2015/07/05

リトルオープンテスト結果




先週受けたリトルオープンテストの結果を、取りに行ってきました

今回の1年生の受験者数は781人。
前回より200人増えていました。

平均点は、算数が70点で国語が66点。

だいたい7割なので、この間の駿台・浜学園のオープンテストと一緒です。

でも、受験者数は3倍ですね。

息子が
「難しかった」
と言っていたので、結果は期待していなかったのですが、
算数は書けなかったと言っていた3問以外全問正解で88点でした。

でも、テスト結果を渡されたときにそのうちの1問を
「この問題は取りたかったですね。」
と言われました。

正答率68%の問題でした。

最後の算数の問題の正答率は3%!

これは仕方ないか。


国語もしょうもないミスをして、同じことを言われました。
だから、満点ではないです。
本当に、なんでこれを間違えるかな。

見直ししないので、ケアレスミスはしょうがないし、
他のお子さんも同じだろうけど。


合計点は200点満点で9割超えていたので、
前回のリトルオープンテストと似たような結果でした。
駿台浜学園のテストよりは偏差値が少し高かったです。

テスト問題についてはまだじっくりみていませんが、
比較してみたいと思います。


2週連続になってしまいましたが、別の塾のテストを受けて、
授業と毎日の取り組みでどの程度理解しているかはわかったので、
取組みの内容を考える上では参考になりそうです。

「秋には、全国統一小学生テストがありますよ。」
と言われました。

そちらは、全国幅広く受験されるので、また違う結果になるようです。

リトルオープンテストは首都圏のお子さんしか受けないそうです。

それについて突っ込んだ聞き方をしたら、
リトルオープンテストのほうが、偏差値が厳しく出る。
ということでした。

首都圏のほうが塾もあって、環境的には恵まれているから
と。

そういう意味では、駿台浜学園のほうが人数は少なかったけど(250人弱)
受験者のレベルは高かったのかも。


四谷大塚のようにネットの広告も見なかったので、
知っている人は、この手の情報に敏感なご家庭ということになるので、
今の時点では分母の数が少ないほど、
熱心な家庭の割合が高まるのかもしれないですね。

早稲アカのチャレンジテストも受けさせたかったけれど、
こちらは花まるとかぶるので、無理でした。

土曜日でなければ、受けたかったけど、三週連続はさすがにどうかなと思うし。

息子自身はテスト受けること自体は別に何も感じていないようです。

家でドリル解くのが外になっただけみたいな。

だから、しょうもないミスをするのか><
2015/06/29

四谷大塚リトルオープンスクール体験




再び四谷大塚のリトルオープンテストを受けてきました。

そのあとは体験授業。

前回は終わった後、
「簡単だった~100点」
その後、問題と解答を見て、
「1問間違えた」
と言っていた息子でしたが、
「難しかった。2問、じゃなくて3問書けなかった)」
と言ってました(~_~;)

まあ、入学してからの勉強量がこれですから…。

現実を知るために受けています。

終わってから、四谷大塚のリトルスクールの体験授業でした。

後ろでみていて、授業より、子どもたちに目が行く私。

課題があって、後ろでできた順に先生に◯をもらうので、
お子さんたちの出来具合がよくわかります。

みんな普通にできる~
家でいろいろやっているよね。(たぶん小さい頃から。)
と思われる子ばかりでした。

こういう子たちが受けているわけだから、テストの平均点も高いわけですね。

そして、あらためて、中学受験はそういう子たちの集まりなのだと認識しました。

体験授業でさえそう感じるので、実際に入塾している子たちは、さらにレベルが高いのでしょうね。

途中からは、花まるやめて、こっちに通ったほうがいいのかなと思いながら観ていました。

花まるも教材とか四字熟語読んだり、絵を見て話を作ったり、短時間でいろいろするところは良いのですが、
・・・なこともあります。
たとえば、各テーブルの先生が若くて学生みたいな感じで、子供の学習について話してもわからないんですよね。
私も学生時代、塾の講師のアルバイトをしていて、中学レベルの勉強は教えられたけど、
子供にどう声掛けすればいいかとか聞かれてもわからなかっただろうから仕方ないのですが。


今回、四谷大塚のほうは先生が、10人くらいに3人で、フォローが行き届いていて、
勉強面での相談とかはのってもらえそうだなと思いました。
たとえ、先生がわからなくても、そこは塾なので誰かしら具体的なアドバイスをしてもらえそうでした。

実際、説明会でもそんなお話でしたし。

あと、廊下に読書の記録みたいなのも貼ってあって
そういう点でも、読書の張り合いができたり、塾を活用できそう。

でも、遊びながら、楽しく学ぶ授業ではありましたが、
受験のスピードとかに対応するように考えられているから、
競争ぽいところもあって、のんびり屋でマイペースな息子にはストレスになるかなと。
今からここに入れてしまうのは酷な気もしもしました。

そういう中で刺激されて発奮するタイプならいいんですけどね。

花まるもキューブキューブの競争とかあるのですが、それは得意みたいだし、
あの雰囲気だとできなくても、ストレスになる感じではないので。

そんなことをいろいろ考えるとやっぱり我が子にはあの明るい雰囲気のほうがあっているような。

でも、夏期講習は行ってみようかなと思っています。
2015/05/07

学力が伸びる塾の活かし方子どもの活かし方 だれも書けなかった「塾」とのつきあい方




学力が伸びる塾の活かし方子どもの活かし方 だれも書けなかった「塾」とのつきあい方という本を読みました。

この本では、「きっちりくん」「熱中くん」「なんとかなるさくん」という3タイプに子供をわけて、塾とのつきあい方や子供への声のかけ方を説明しています。

大手、中小、個別とメリットデメリットがあり、子どもの性格によって合う合わないがある。


だから、友達が成績が伸びたからといってその塾に通えば我が子も伸びるかというとそうともいえない。

確かに。

口コミとか評判もみんながみんな良くないっていうのは考えものですが、

やっぱり、行ってみて、じかに話を聞いて、雰囲気を見るのが大事。


また、タイプによって入塾の時期などについても書いてあります。

ただ、3タイプなので、息子はコレっというのはよくわからなかったです。

しいていえば、

「なんとかなるさくん」
タイプかな。

塾選びは先生との相性が大事なのだそうです。

そして、入塾の時期も様子をみたほうがいいそうです。

なんかわかる気がする。

それなら、なおさら、夏期講習とかでいくつかまわるしかないですね。

そして、この本によれば、先生の質に差があるのと、情報力がないのが問題だが、
先生に力があって、子どもと相性があえば、一番子どもが伸びるのは個別指導とありました。

集団塾は周りの子から刺激受けたりするには良いようですが、負けず嫌いではなく、
人のことは気にならない我が子のようなタイプにはそこはあんまりプラスにならないかも。

最寄り駅には個別塾がたくさんあります。

大手の塾も電車で通える範囲に揃っていますが週に何度も通うなら近くが良いです。

信頼できる先生と塾に出会えるといいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。