--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/28

ちょっと背伸びのパズルを注文




よく幼児教育をされている方のブログで見かける公文のステップアップジグソーパズル

注文しました。

パズル好きな息子ですが、

うちにあるのは、最高で24ピースのこちら↓


Counting to Ten: Jigsaw Book/Richard Scarry

24ピースのパズルが10個ついている優れものですが、
もう少しピースが多いものを与えてみようと思い、探してみました。
アマゾンでステップ4(54・70・88ピースのパズルの組み合わせ)が品切れ中だったので、
ちょっと背伸びして写真図鑑電車・列車―ステップアップジグソーパズルステップ5
を注文。
こちらは、96・117・140ピースのパズルのセットです。
くもんのサイトの商品説明では、スモールステップで進めたほうが良いと書かれてありますが、
楽天のレビューを見ると、2歳後半、3歳児でもできたという意見もけっこうありました。

それに我が家にはリチャード・スキャーリーのパズルだけで、10セットあり、
他にもパノラマパズルや100均のパズルもあって、
これ以上、パズルのピースが増えると、管理も大変なので、
難しかったら、一部使うなり、少し、寝かせておけばいいかなと思っています。

私はパズルというと角や端から探して置いていくのですが、
息子のやり方を見ていると何度か作って絵やピースの位置を記憶して置いていっているようです。
息子が場所を記憶するまでは、親もかなり付き合うことになりそうですが、
1人で集中してやってくれるようになってくれたら、少しは親の自由時間も増えるかなあなんて、
そんな下心もあったりします^^;
なにしろ、夕食作ろうにもDVDは
「見ない。バイバイ。」
と拒否で
「ママ、ここ」
と自分の隣を指して、座って一緒に遊ぶように要求されます><
おかげで最近はもっぱらスピード料理ばかりです・・・。
スポンサーサイト
2011/04/27

エチカの鏡の影響もある?




先週、七田のお教室に行ったとき、


先生から、


「○○くん(息子)のクラスは来月から二人増えますよ~」


と言われました。


先生は昨年度から一緒ですが、


土曜日の先生のクラスが一つ増えたので、


昨年度のメンバー5人が2人、3人に分かれた形でした。


そして、どちらのクラスも、来月からは満席だそうです。


ほかにも同じ曜日に違う先生の担当する息子と同じ学年のクラスがあるのですが、


そのクラスも満席だそうで、


お教室の中でも、息子の学年のクラスが、かなり多いのだとか。


それを聞いて、ちょうど、赤ちゃんのときに、


「エチカの鏡」(2010年9月に放送終了)が放送されていて、


脳科学とか、英才教育とかヨコミネ式とかやっていたから、


この時期赤ちゃんとか幼児だったお子さんを持つ親は


幼児教育に関心が高いのだろうかとふと思いました。


うちは0歳のときはテレビを見る余裕がなく、


子育てブログ(英語育児)で話題になっていたのを


知ってからなので、見始めたのは1歳前くらいでしたが。


お教室のほうは、3人くらいだと、親も子ものんびりな感じで


それはそれでいいのですが、


いろいろな子がいたほうが子供にとっても親にとっても刺激になるし、


土曜日のクラスはWMが多いので、お休みや振り替えもけっこうあり、


5人全員そろうほうが、


「今日はみんないる~」


って感じで、珍しいので、人数はそれなりにいたほうがいいかなと思います。

2011/04/26

どっちゅかーどいやだ




昨日の記事 の絵本ですが想以上に息子が気に入っていることが、

昨日、読み聞かせをしてわかりました。

一昨日、パパが読み聞かせをしていたのを隣の部屋で聞いていたときは、

「普通の反応」に感じたのですが、意外と熱心に見ていました。
改めて買ってよかった~
こどもがはじめてであう せかいちず絵本/とだ こうしろう

ところで、本日の本題ですが、
タイトル=息子に今朝カードを見せようと用意していたら、言われた言葉 です。
それでも、今日は気にせず、他のカードと一緒に見せてしまいましたが、 違う方向見てました^^;
わりといつものことなので、気にしてません。
ほかのカードもほとんど見てなくて、
見たのはこの前買ったとけいカード や、
図形のカード、そしてDWEのTACくらい。
ひらがなカードは、
「これは?」
と聞くと、
「なしゅ」
「にあとり」
「ぬりえ」
「ねこ」
「のり」
などと答えていました。
私が勝手に決めた目標、3歳の誕生日までに七田式ドッツセット
3クールするというのがあるのですが、
あんまり、激しく拒否されると挫折しそうです><
お教室では赤玉ドッツを見たあとに、
「いっぱいいっぱいどっち?」
と数の多いカードを選ばされますが、
去年の秋にドッツを始めてからははずしたのは2回くらい
どちらもカードを見せるのをお休みしている期間でした。
毎日見せているときは、パーフェクトだったので、
やっぱり見せているほうがいい?と
私自身もかなり重い重い腰を上げて取り組んでいるんですが、
言葉ではっきり言われるとひるみますね・・・。

世界地図(地理)、ドッツ(算数)といい、どちらも私は苦手でした。

小さいころから触れていること(先行体験?)で少しでも興味を持ってくれるといいのだけど…。

2011/04/25

レビューを読んで、買ってよかった♪




相変わらず、放射能が気になり、休みの日でも


外遊びしない我が家。


体力がありあまっていてなかなか寝ない息子です。


昨日は、デパート、スーパー2軒をはしごし、


デパートでは完全に熟睡、スーパー1軒はカートに乗っていましたが、


1軒では、3時間近く滞在し、2時間くらいは歩いていました。


おかげで夜は親子でバタンキュー。


毎日こうだといいのですが。


スーパーではおもちゃ売り場で目の色をかえ、


違う売り場に行っても、


「おもちゃ、おもちゃ」


とおもちゃ売り場に戻りたがっていました。


もうそんな年齢になったのだなあとしみじみ思いましたが、


おもちゃは買いませんでした。


息子が熟睡中にデパートで、こちらを買ったので。


とけいカード/著者不明
¥1,260
Amazon.co.jp


こどもがはじめてであう せかいちず絵本/とだ こうしろう
¥1,890
Amazon.co.jp


こどもがはじめてであう せかいちず絵本は、


パパのたっての希望で買ったのですが、


今日、アマゾンでレビューを読んで、


買ってよかったと思いました。


息子の反応は普通ですが、小学生にあがっても読めそうだなあと。


それにしても、中古だと79円よりって安っ。

2011/04/21

ゆびぴたえんぴつ




昨日、七田式プリントのキャンペーンのオマケ、「ゆびぴたえんぴつ」と

えんぴつ削りが届きました。
親子で楽しく幼児教育♪-110420_1150~01.jpg

親子で楽しく幼児教育♪-110420_1152~01.jpg

うちにある「おけいこ鉛筆 」よりスリムだけど長いです。


息子に見せたら、すごい食いつきようでした。

半年前に、はさみと鉛筆を買ったときの反応とは大違い。

目の前で削って見せたら喜んで、

さっそく、マンスリープラクティスをそれを使ってやりました。

七田プリントはホワイトボードマーカーを使っているので、

えんぴつは最近あまり握っていなかったけれど、

いつのまにか筆圧もつき、書くのを楽しんでいました。
2011/04/20

おばあちゃんとプリント




昨日までおばあちゃん(私の母)が泊まりにきていたので、


夜のプリントもおばあちゃんに一緒にやってもらいました。


先日の記事 では、プリントを嫌がったと書きましたが、


どうやら一過性だったらしく、翌日には息子自ら


クリアファイルに入っていたプリントを私のところに


持ってきてやりたがりました。


なので、先日の七田のレッスンのあとに先生にプリントについて


相談したときに、


「プリントを嫌がるときは、たいていお子さんが難しいと


感じているときだから、2の途中なら、2の最初に戻ってやり直すといい。」


というアドバイスをいただいたのですが、


その日の夜には息子がプリントを持ってきてやりたがったので、


そのまま進めることにしました。


この2日間は母が息子とプリントをしたので、


息子の答え方などはわからなかったのですが、


ちょっと離れたところで家事をしながら


様子を見ていたら、


母が素で驚き、誉めていたので大丈夫のようでした。


息子も大好きなおばあちゃんに誉められてご満悦の様子でした。


母はもともとまったく教育ママではないので、


2歳の孫がプリントできようが間違えようが、

心底どっちでもよく、


ただ、娘(私)に言われたから、一緒にやった感じで、


その気楽さがいいのかなとも思いました。


その影響か昨日の夜は私が久々に一緒にプリントしましたが、


息子は3枚終わって、


「もうない。」


とまだやりたそうでした。


ただ、「仲間はずれ」がとうとう出てきて、


これから難易度あがるのかな?という感じもあったり、


鉛筆でやりたがるようになったこともあり、


まだ、vol.3の問題は見ていませんが、


戻るならキリのいいところがいいかなという思いもあり、


3に進むか、1に戻って鉛筆でするか思案しています。

2011/04/19

片づけ祭り初開催




話題になった片づけ本を2冊購入して日曜日に初の片づけ祭りをスタートしました。

片づけなきゃいけないと思いつつも物があふれかえっていた我が家。

重い腰を上げたきっかけは、先月の巨大地震。

友人の一人に義家族が避難所生活を送っていると伝えたら、

「中越地震の時もみんなに声かけて水とかホットカーペットとかの不用品を

集めて被災地に送ったから、必要なものあったらみんなで集めて送るよ。」

と言ってくれて、それを義母に伝えると、

「今すぐは必要ないけど、仮設住宅で暮らすことになったら、

何もないから、毛玉のセーターとかで着ないものがあれば」

と遠慮がちに言われました。

義母はまわりがびっくりするくらい太っ腹で気前がいいのですが、

物やお金を人に与えてばかりで受け取るときは本当に遠慮深く、

相手にお金を使わせて申し訳ないという人なのです。

その義母に

「着ないセーターがあれば」

といわれたときにはまたしても物を1から揃えなくてはいけないかもしれない

ことに対しての義母の不安を感じ、また、心が痛くなりました。

そして、友人に声かけて集めてもらう前に、まずは、自分の家のものを整理して

義母や義姉に使ってもらえるようなものがあればこれを機会にわけておこうと、

重い重い腰を上げました。

そして、勢いをつけるために、この2冊を読むことにしました。

ちょうど、本も読み終わった頃に、

母が泊まりに来てくれたので、

日曜日、初の片づけ祭りを開催しました。

息子は超おばあちゃん子なので、母が来ると、

おばあちゃんべったりで、私は暇になるのです。


片づけ祭りとは、

人生がときめく片づけの魔法/近藤 麻理恵
¥1,470
Amazon.co.jp


で紹介されているのですが、

物を一つ一つ手にとって、

ときめく物だけを残して、あとは処分していく作業のこと。

これを一気にするので、「片づけ祭り」と本の中では

名づけられているのです。


初回は、本で紹介されている洋服から。

クローゼットと納戸にある家中の私の洋服を全部床に並べたら、

すごいことになりました。

7.5畳の洋間一面に大きな洋服の山。

息子は、

「やま!」

といって、喜び、何度もその洋服の山に登っては滑り降りを繰り返し・・・。


その息子の横で私はひたすら、


45Lサイズのゴミ袋に

・捨てるもの

・残すもの

・人にもらってもらうもの

をどんどん分けていれていき、

結果、45Lのゴミ袋6袋が捨て、

1.5袋が一応人にもらっていただきたいものとなりました。

空になった押入れ用の衣装ケースが4つ。

3つは粗大ごみへ。

残り一つには、誰かもらっていただくものを入れてしまってあります。


が、洋服をクローゼットに戻すと、それでもいっぱい。

ポールにかかっていた洋服は元はびっしりで、

取り出すのも大変なくらいでしたが、

楽々とれるようになりましたが、それでも9.5割は埋まっています。

本当は7,8割くらいにするのがいいらしいです。

なので、まだまだ、捨て方としては甘いと思いますが、

今シーズンのものは、着ながら、似合わない、

いまいちなものはどんどん処分していこうと思っています。

予想以上の作業量でかなりくたくたになりましたが、

以前に比べるとはるかにすっきりしたクローゼットを開けるのは、

気分がよく、

選別し、残した洋服の中から洋服を選ぶのは楽しいということに気づきました。


もう1冊読んだ有名な片付け本新・片づけ術「断捨離」 に片づけをすると

人生が変化すると書いてありましたが、本当、そうなるのもわかる気がします。

2011/04/18

歯磨きの習慣付けに効果があった絵本




温かくなってきて、トイレトレにチャレンジする季節の到来のせいか、


最近、しまじろうのDMが良く届きます。


そういえば、以前「はみがき」関係のDMがやたら届き、


電話までかかってきたこともありました。


「歯磨き」「トイレトレ」どちらも親が苦労するポイントなのでしょうね。


我が家は、保育園の先生とも相談して、トイレトレはまだです。


たまに座らせることもありますが、うちではいつも事後に行きたがります><


保育園では誘われて座ったり、


自分から座りたがったりしているらしく


2月くらいから、


「(おしっこが)けっこうでますよ。今日はオムツ1枚も使っていないですよ。」


と言われることもありましたが、


うちでは全然進歩なし。


母親(私)のやる気のなさが、邪魔をしているのかも^^;


いとこの子供が息子の2歳上の女の子ですが、


話せるようになっても、なかなかトイレを教えなくて、


トイレトレが進まず(というかほとんど着手せず?)


でも、幼稚園に入ったら、本人がオムツをしていることが恥ずかしいと感じ、


3日でとれたと聞いたので、私もそれを狙っています。


うちは保育園児なので、みんながパンツになって、


「ぼくも」


となってくれないかなと。


そんなわけで、ベネッセのDMにも心動かされることなくスルー。


我が家は予算的にもスルーなのですが。


歯磨きに関しては、嫌がるときもありましたが、


最近は、積極的に仕上げ磨きをさせてくれるように。


きっかけはこの絵本。


わにさんどきっ はいしゃさんどきっ/五味 太郎
¥714
Amazon.co.jp

虫歯になってしまったワニが歯医者さんにいくお話。


このお話を読んで、虫歯になると痛い?


そして、歯医者さんに行かなくてはいけないらしい。


そして、それは怖いことらしいと思ったようです。


そういって脅したわけではないのですが、


そんなわけで、


「歯磨きしないとわにさんみたいに虫歯になるよ~」


というと、おとなしく磨かせてくれるようになりました。


絵本自体も楽しくてお気に入りでした。

2011/04/14

七田プリントA最初に戻るか、このまま進めるか…




最近ようやく×らしきものがかけるようになってきた息子。

プリントのときも、以前は、「○をつけましょう」という問題では、

「ママ!」

と言って、私に○をつけさせていましたが、

今は、○は積極的にかくようになり、×もがんばってかこうとしています。

そして、プリントの入っている箱をさしては、

「これいい」

と、やりたがっていたのに、

昨日は、

「プリントやろう」

というと、久々に

「ヤダよ。」

といって
公園レーサー (かなりお気に入り)に乗って
どこかへ行ってしまいました。
おそらく、原因は、最近登場したこの問題↓

親子で楽しく幼児教育♪-110414_1043~02.jpg

「かずがおおくなっていたら、□に○をかきましょう。」

というものです。

「多い、少ない」は理解しているようですが、

数が多くなるという概念がまだよくわかっていないようで。

一応、説明をして、

「こっちよりこっちがいっぱいいっぱいなら、ここに○をかくんだよ」

といって、○をかかせているけれど、

今までは、自分が説明されなくてもできて、

誉められるのが気分よかったのに、

そうでなくなって、楽しくなくなったのかなと推測しています^^;

プライド高いんですよね><

「ちえ」や「もじ」は今のところ、楽しいようですが、

さて、このまま進めようか、どうしようかなと思い、朝から考えていました。

今、ちょうど2歳半なので、

最初に戻って今度は鉛筆で始めるのもよいかなと思いつつも、

vol.2の途中は中途半端かなと、2だけは終わらせてしまおうかなと

これ以降の「かず」の問題がどんなのかをみてみました。

次は、こんな感じで、
親子で楽しく幼児教育♪-110414_1046~02.jpg

「ながいほうに○をつけましょう」

親子で楽しく幼児教育♪-110414_1050~02.jpg
「うえにあるものに○をつけましょう」

でした。

他には「高い低い」などの問題で、

これはお教室や家で
チューターシステム1 で取り組んでいるのを見る限り、
理解できているようだし、けっこう好きな問題なので、

このまま進めようかと思います。

今日もヤダよといわれたら、次の問題に行ってしまおうか???
2011/04/13

続・去年の絵本の定期購読を振り返る






先日の記事 の続きです。



昨年度の定期購読を振り返っています。



続いては…


○えほんのいりぐち36(福音館)


こちらは、月齢にあったものだからということで、購読を決めました。


が、息子のツボにはあまりハマらなかったようで、

自分で本棚から持ってくることはほとんどなかったです…。


気に入った絵本

・くまとりすのおやつ

・みんなみいつけた

・しゅっぱつしんこう



普通

・まるまる

・へんなおにぎり

・おかあさんといっしょ

・うさぎ うさぎ なにたべてるの

・おばけがぞろぞろ

・おやすみなさいコッコさん

・とべ かぶとむし

・ひまわり



あまり読まなかった絵本

・いろいろおせわになりました


なお、このシリーズのり2011年度のリストも見ましたが、こちらはなかなか良さそうでした。


有名な、きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)/五味 太郎

も入ってました。


息子は

ずかん・じどうしゃ (福音館の幼児絵本)/山本 忠敬
をみて、
「これいい」

と何度も言ってました。



○チャイルドブックアップル傑作選


購読した3つの中でもっとも気に入った本が多かったシリーズ。

あまり読まなかったものも、月齢が上がったら興味を持ちそうと思います。

今年度も同じシリーズを申し込みました。


気に入った本
・ころわんとおにんぎょう
・とんとんとん
・はこをあけると

・うさぎくんのぼうし
・おさるのふろや
・あめのひのえんそく
・ポケットのさかな


普通
・おーいかばくん
・ケロちゃんケケちゃんケロロちゃんおてつだいおてつだい


あまり読まなかった本
・おんどりとえんどうまめ―ロシアの昔話より
・なきむしおにのオニタン
・ろばさんのかわいいバッグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。