--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/28

昨日の取り組み




七田式プリントA  vol.8-3 ちえ もじ かず 各1枚

七田CAマンスリープラクティス 2月号

国旗カード

四字熟語カード

かなえちゃん30枚くらい

七田の教室の宿題 ハサミ

かけ流し(DWE1 七田マンスリーCD ゆきおの一日2) 

絵本 3冊

プラレール

リブロック



最近気が向いたときにやるスタンスの七田のマンスリープラクティス。

2月も終わりというのに今月分は、未着手でした^^;

昨日、七田のレッスンのはさみとのりの宿題をしたついでに

出したら、息子のツボにはまったようで、

一気に全頁やってしまった汗

本当は1日1枚やることを推奨されていますが、親子とも日々の紙系はプリントで精一杯なのと、

なぜかこのプラクティス、やり始めると息子はとまらなくなってしまうのです・・・・

いろいろなワークがあるので次も!となるらしい。

そんなわけで、空いた時間に一気にやればと放置してましたえへへ…


対象年齢4.6歳まで同じワークですが、

2歳~毎月同じパターンの繰り返しなので慣れているので抵抗感がないというのも

あるかもしれません。

でも、これ4歳すぎると簡単すぎではという気もします。



スポンサーサイト
2012/02/24

プリントAvol.8へ&フラッシュカード再開へ




親子で楽しく幼児教育♪-120224_1051~01.jpg


七田式プリントA vol.7まで終了して、今日から8へ入ります。


文字の理解が進んだおかげか、今年に入ってからけっこうスムーズにできています。


できない日はタイムアウトが原因。


とにかく食事が遅いので・・・食べる気がなく、見るに見かねて親が食べさせています><


食事がさくっと終わればもっといろいろできるのに・・・。


そして、いつからか忘れるくらいさぼっているフラッシュカードを再開しようと、


七田の先輩ママさんのブログを見て決意しました。


息子がダラダラ食べている間にカードを見せてしまえと。


食べながらは良くないと思いますが、時間も使えるし少しはイライラ(食べないことに対する私の)も


抑えられそうです。

2012/02/23

【DWE】Blue CAP課題応募




DWEのBlue CAPの課題を応募しました。


応募したのは


マイクPre Lesson 1

「トークアロングカード1~34の中から10枚選んで
単語とセンテンスを言う」という課題です。



マイクPre Sing along 1

Sing Along! 1から1曲選び、その歌に関連する単語を3つ(またはそれ以上)言う

こちらは、

「The ABC Song 」を歌って


sing clap whistleを録音


歌う必要はなかったみたいですが、勘違いして歌を歌ってから録音したのでそのまま送信。



TACのほうは昨日の朝、突然、


「録音するビックリマーク


と言い出したので、時間の都合で13枚録音。


それを課題として提出しました。


3枚アウトだと×ですね・・・。


まあ、今回はお試しで。

2012/02/22

子供の得意なことよりも・・・




3年あれば天才は育つ! 親も気づかない才能を「見つける」「引き出す」法という本を読んでいます。

この本はこの間読んでいた頭のいい子の育て方のレビューをアマゾンに読みに行ったときに見つけて


レビューを読んで興味を持ちました。


子供のためというより、自分にもいかせるかなと思ったので。


まだ読んでいる途中ですが、とても興味深いことが書いてあったのでまたまたメモ。


それは、子供の能力を伸ばすなら


・得意なこと


・秀でていること


ではなく、


好きなもの


であると書かれていたところです。


必ずしも得意なことや秀でていること=好きなもの


とは限らず、多くの人は得意なものや秀でていることに目を向けてしまうけれど、


多くの「天才」と呼ばれる人たちは、理論的に不可能と思うことでも成し遂げることがある。


そんな彼らに共通するのは「好き」という気持ち。


その「好き」という気持ちが原動力となって通常では不可能と思えるような厳しい状況にいても


突き進むことができる。


とありました。


そして、能力を伸ばすには持っている先天的な素質や身体的(運動等の場合)な優位性と


同じくらい精神的な素養が重要であるともあり、


この精神的な素養は前向きであったり、負けず嫌いであったり、困難に対して乗り越えようとする


粘り強さだったり、とことん取組む集中力だったりいろいろですが、


その精神的な素養が優れていれば、先天的な能力や身体的にずば抜けて優位でなくても、


情熱的に取り組み、トレーニングによって伸びていくとありました。


そして、天才にもっとも必要な力は「継続力」であり、


とくに、


「同じことを長時間つづけられる能力」


が重要であるとありました。


そして、この継続力が一流で終わるか、超一流になるかの分かれ道になるのだとか。



この章を読んで、息子に好きなことを聞いてみました


1位トミカ 2位 プラレール 3位 電車 4位 バス


乗り物が延々続きそうだったので汗


「乗り物以外で」


と聞いたら、


「絵本!」


だそうです。


まあ、明日聞いたらまた違う結果になるかもしれないけど・・・。

3年あれば天才は育つ! 親も気づかない才能を「見つける」「引き出す」法/野村 るり子
¥1,365
Amazon.co.jp



2012/02/20

DWE購入してもうすぐ丸3年




去年も2月に同じような記事を書きましたが、


この時期になるとDWEを購入した日のことを思い出します。


あれから3年も経ったんだ~


と驚きです。


子供の成長は本当に早いですね。


当時、4ヶ月だった息子も3歳4ヶ月になり、


ほんの少しですがアウトプットもしています。


といっても、年明けに買ったゆきおの一日がずーっとお気に入りなので、


アウトプットはもっぱらこちらのフレーズばかりですがえへへ…


DWEは歌を歌ったり、TACの質問に答えたり、センテンスはリピートしています。


英語に関しては1歳半健診で言葉の遅れを指摘されてから、


かなりゆるーくしか取組んでいなかったのですが、


そんな我が家でさえ、そういう反応をしている!とかなり驚き、旦那と二人で


喜んでいます(親バカ恥ずかしい


DWEをあのとき買って良かった!!


って強く思っているわけでもないですが、


後悔しているわけでもなく、


会費はかかるけど、CAPのシステムはやはりいいかもと


思い始めています。


七田の暗唱課題もそうですが、目標になるようなものが


提示されていると、継続しやすいなあと。


そして、その流れに沿って、継続していれば、


無理なくあるレベルくらいまでには到達できるというのが、


理想です。


2012/02/17

「頭のいい子の育て方」より中学受験について




頭のいい子の育て方 という本を図書館で借りて読んでいます。

内容は


○本にかけるお金は「脳にとっての食費」。ケチってはいけない
○親子で数学パズルを楽しむことで、算数は得意になる
○家のなかを「勉強テーマパーク」にする
○子ども部屋ではなく、家族みんなが集まる食卓で勉強させる
○家のあちこちに本を散らばしておく

といういろいろなところで言われているようなことも書いてあるのですが、

具体的にどのような本や教材を使ってどのようにすればよいかがとても丁寧に

書かれています。

紹介されている本や教材を使うのはまだまだ先だし、そのころにはまた、

新しい本や教材も出ているかもしれませんが、参考になる点もいろいろとありました。

とくに、塾講師という視点で実際に多くの子供を見てきて感じたことを

書かれているところは興味深く読みました。

その中の一つで、覚えておきたいと思ったのは、中学受験の学校選びについてです。


本書の中では子供が遅咲きか早咲きかを見極めて、中学受験するかを決めないと

子供にとって不幸な結果を招くとあり、

早咲きの子供が中学受験向きと書かれています。また、中学受験をするとしたら、

「余力」を残して入れる学校を選んだほうが良い

とありました。


なぜなら、著者が予備校でいろいろなお子さんを見ていて


①難関中学・高校に通い、その中で成績が下位クラスの生徒


②中堅中学・高校に通い、その中で成績が上位クラスの生徒


を比較すると②のほうが学力を伸ばしはるかにいい大学に入っていく


と感じるからだそうです。


そして、これは、勝気なお子さんほどそうなのだとか。


保育園のお友達を見ていても月齢に関らず、言葉にしても社会性にしても

一つ上くらいに感じるような発達の早いお子さんているので、

そのまま成長して、勉強にも意欲的ならそういうお子さんが中学受験に向くのかなと

思いました。


うちは現時点では遅咲きな感じですが、これって成長とともに変わっていくのかなあ?


受験するかどうかはわかりませんが、補欠でもいいからできるだけレベルが高い中学みたいにならないように

気をつけようと思いました。



2012/02/16

朝からリブロックで遊ぶ




先日注文したリブロック が到着したと同時に息子のウィルス性胃腸炎に
感染し、一緒に遊ぶどころではなかったのですが、
ようやく今朝から息子と遊べるくらいに復活したので、作ってみました。

親子で楽しく幼児教育♪-120216_0734~01.jpg
作例集と天才脳を鍛える3・4・5歳教育 を参考に作った三輪車(by母=私)

親子で楽しく幼児教育♪-120216_0738~01.jpg
車(by母=私)

親子で楽しく幼児教育♪-120216_0741~01.jpg
車を改造して息子が作った車(上)

息子のオリジナル。本人曰くガソリンスタンドだそう。

親子で楽しく幼児教育♪-120216_0807~01.jpg
上記の車の改造したトレーラートラックだそうです(by息子)

親子で楽しく幼児教育♪-120216_0816~01.jpg

ガソリンスタンドがいつの間にかパワーショベル(と息子が言ってます)に。
ちなみにタイヤはないですが。

作り始めるとやっぱりもっと量が欲しくなりますね。それでもけっこう作れます。
ダイヤブロックにくらべるとパーツの種類が少ないので探すストレスは
ほとんどないです。
作例集はCD-ROMですが、分解図と完成図、各パーツぐらいの簡単なものですが、
これとこれを組み合わせて足になるのねなどと参考になります。

一緒に遊んでいて、私も普段使っていない脳を使っているのを感じます。(気のせいかもしれませんが^^;)
本の付録の20個のときは数も少なくて一人黙々と遊んでくれたのですが、量も増え、
作例集もあると、やっぱり、
「作って~」
「どうやるの?」
となりますねガーン
まあ、いくつか作っておくと改造して勝手に自分の好きなものに
作り変えるのでその間は家事をしたり、新聞読んだりできますが。

そして、朝からこうやって遊ぶと、保育園にもちゃんと支度をして
行ってくれるので不思議です。
1時間弱くらいなんだけど、満たされたのかな。

ブロック系3種類目ですが、3歳代ではたぶん一番遊びそうだし、
創造性、手指の巧緻性等々に良さそうな優れたおもちゃだと思うのでオススメです!


2012/02/13

久保田先生オススメのリブロック




週末はパパが出張でおばあちゃん(私の母)が泊まりに来ました。


以前、買った天才脳を鍛える3・4・5歳教育 についていた付録のリブロックで

いろいろなものを次々と作る息子の様子を見て、リブロックがとても気に入った母。

「このブロックはすごくいい! こんな少し(付録は20個)でも、こんなにいろいろ作るんだから、

もっとあったら、いろいろ作れるんじゃない。買いなさい。私がお金出すから!」


と言ってくれましたが、

レゴもダイヤブロックもあるので、ブロック系ばかり増えてもというのと、

リブロックは高額なセットしかなくて、ブックローンでしか買えないと思い込んでいたので、

誕生日でもないのにそんな高いもの買ってくれなくてもいいよと言ってたのですが、

ネットで調べたら、アマゾンでも買えるし、三輪車のようなものは作れないけど、思っていたより

リーズナブルなセットもあることが判明したので、注文しました。

注文したのはこちら。


リブロック ファーストステップ2 ベーシックカラー ボーナスパック(作例CD-ROM付)/ブックローン
もともとブロックが好きな息子ですが、
レゴはお下がりで数も冊子もなく、
ダイヤブロックはいいのだけど、現段階では親が一緒に作らないといけなかったりしますが、
このリブロックは息子が一人で黙々と遊んでくれるので、
親も自由時間が増えるのではと期待しています。
母とも息子がリブロックに熱中していたので、けっこうおしゃべりできたのですが、
途中で、母が、息子の作品をデジカメに何枚か撮ったところ、
それが息子のツボにはまったようで、
息子ができ上がるたびに「できた!撮って~」と持ってきて、
だんだんその感覚が短くなり、落ち着いて話すどころではなくなりましたがあせる

 ~就学前にやるべき「久保田式学習法」~/久保田 競

¥1,470
Amazon.co.jp
~
2012/02/10

ライトブルーCAP!




親子で楽しく幼児教育♪-120210_1834~01.jpg
保育園から帰宅するとポストにワールドファミリーから封筒が。

これはもしかしてキラキラ





親子で楽しく幼児教育♪-120210_1847~01.jpg
DWEを購入してもうすぐ丸三年。とうとう我が家にもライトブルーCAPがやって来ました~。

息子より私のほうが喜んでいますが本人もずっとかぶっていますo(^-^)o



2012/02/10

地鎮祭




親子で楽しく幼児教育♪-CA3C02020001.jpg


地鎮祭でした。

外の気温は3度で、寒いかなと心配しましたが、

晴天で風がないのと、日が照っていたので、思った以上に温かでした。


朝、到着するとテントに紅白の垂れ幕、緑のじゅうたんがしかれていました。

寒い中、朝早くから準備していただき、ありがたいです。


HMの方から営業さんと現場監督さんが出席されるということでしたが、

統括所長さん、工事センターの所長さん、検査の責任者の方、

インテリアコーディネータさんにもご列席いただき、

予想以上に多く、心づけが足りず^^;

営業さんには次回のときにお渡ししますとお詫びしました。

一番直近でお会いする予定なので。

「気持ちだけで十分なので、いいです。」

と何度も言っていただきましたが。


地鎮祭終了後は近隣へ挨拶しました。

旧分譲地なので、みなさん、うちの親世代。売主さんも、母と同じ年でした。

平日11時ごろまわりましたが、みなさんが在宅でした。

息子と私の声が近隣に響かないだろうかとちょっと心配です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。