--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/27

【DWE】グリーンCAP初応募と玄関TAC




ほとんどかけ流しとTEしかしていないDWEですが、


今月はなんとかCAPを応募しました。


先月は引越しなどで忙しくて録音する時間がなかったので。


今回応募したのは、


ブルー  Review 3 ・The Wishing Song



グリーン Pre Sing Along! 2 
Look Up! The Sun Is Shining
7 sing / 29 look / 39 red/blue
65 up/down / 183 sun / 184 clouds
185 day/night / 186 bird / 189 picnic




グリーン Sing Along! 2 

・Look Up! The Sun Is Shining
・Away From the City


です。


ブルーCAPはあと1課題で卒業ですが、

歌がなかなか上手く歌えずハードル高いです。

歌詞を見て歌うようになれば、

もう少しマシになる気がしますが。


今回のもかなり怪しいですが、明日からでかけるので、

録音する暇がないからとダメ元で応募です。


あと、グリーンの課題を2つ応募しました。


レッスンもTACもなかなかできていませんが、

これ以上の課題はこのあたりをしっかりしないとクリアするのが

難しそうな気がしてきたので、

うちもそろそろ玄関TACをしようかしら。

一応そのつもりで、玄関にコンセントつけておいてのですが、

私のことだから、絶対出しっぱなしにしちゃいそうで、

なかなか踏み出せずにいます。

スポンサーサイト
2012/07/26

公文2回目




先日の記事で滞在時間10分だった公文ですが、


2度目は30分になりました。


数字盤は今回から1-30になりました。


ランダムに並んだ1-30までの碁盤に書かれた数字を


数字盤においていくというもの。


1-10までは39秒でしたが、今回は3分半。


2分切ったら、今度は50までに挑戦するそうです。


国語の教材も


「これはなんですか。


これはいぬです。」


のようなものになり、


しかも、


「これは」は「それは」になったり、


「なんですか」



「なにですか」


になったりとひっかけが、多く、息子は見事にひっかかりまくりですガーン


10枚読むだけで10分かかりましたが、


家でもするように言われて、理想は2分以内と言われたので、


帰宅してから私が1分半で読んで見せたら、


ものすごい早口で読み上げていったのが面白かったのか、


自分も真似して3分40秒まで縮めました。


が、「それ」と「これ」「なん」と「なに」


は相変わらずかなり間違えています汗


しかも、スピードアップすると、文字を読んでいるのではなく、


絵を読んで想像してこたえているページも><


できているようでできてないことがいっぱいあるのが


よくわかりました。


公文の教材は速さだけでなく、正確さも求められるし、注意力を高めるよい訓練にもなりそうです。


そして、公文の反復は噂には聞いてはいましたが、


これは、体で覚えられそうだなと。


ただ、年少でこのトレーニングが必要かどうかは今のところ不明です。


それが継続するかどうかの判断材料の一つになるかなと思います。


息子は公文の宿題を今のところは楽しんでやっています。


昨日、ずんずん(線描き)をしながら、


「これ、お勉強なの?」


と聞くので、


「そうだよ。楽しいでしょ。」


と言ったら、


「うん!楽しいねきゃー


と。


そのうち勉強がこれだけじゃないと気がつく日が来るんだろうけど、


このまま、お勉強=楽しいもの


というイメージが潜在意識にふかーく刻まれるといいなあ。


磁石あいうえお盤 (すうじ盤 50)/くもん出版
¥3,360
Amazon.co.jp

2012/07/24

お買い物ごっこブームで図形の出番無し><




最近の息子のブームはお買い物ごっこです。


七田のレッスンプリントのお金をはさみで切り、


お買い物ごっこをはじめたのは私ですが、


ここまではまると思わなかった><


大好きだったトミカは商品になっています。


しかも、値札は「幼稚園バス 10円」とか。


でも、マックイーンは1万5000円。


おかげで、500とかは読めるようになりましたが、


強化しようと思っていた図形やパズルの出る幕無し汗


一応寝る前のタングラム だけは続いています・・・



じゃあ、折り紙で商品作りをと図書館でこちらを借りてみましたが、


おりがみでごっこあそび―みんな大好き!おみせやさん (主婦の友αブックス)/主婦の友社

¥1,155
Amazon.co.jp

私だけが作っていますあせる


しかも、息子はスイーツに興味を示さず、リクエストは時計と指人形のみ。


時計は商品になり、気に入って保育園にもつけていっています。


ごっこ遊びは先日の知能因子表だと概念の分野ですが、


こちらはもう十分すぎるくらい経験があるので、図形を増やしたいのに


なかなかうまく誘導できません(´-ω-`;)


バランスよく知育をと思っているのに、


子供の好みと性格が大きな壁になっています汗


なんでも食いついてくれるタイプだとやりやすいのだけど。


積み木で商品並べるディスプレイでも作ろうかな。

2012/07/22

10分!?




公文の夏の特別学習初日に行ってまいりました。

息子をお願いして私はいったん家に帰る予定でしたが、

初回なので最初だけいて、途中で抜けようと思ったら、

あっという間に終了。

滞在時間わずか10分!

実質は

磁石すうじ盤 100/くもん出版


39秒(1-10のみ)


ずんずん教材 2分

国語 2分

算数 1分

でした。

最初に先生が息子に合う鉛筆を選んでけずってくれたのですが、

けずりながら、私と雑談している時間のほうが各プリント時間より

長かったかも!?

算数は描かれている絵とドッツの数を言うだけなので、

遅めのフラッシュカードと一緒。

国語も

「あかいくつ」

とか読むだけなので・・・。

そのうち読み上げるのが、2語文、3語文、なぞなぞと

すすんでいくようで、そうなると時間もかかるかもですが、

それでも、いったん家に帰って夕飯の支度できるところまで、

夏中にいくかどうか?

今回の特別学習に求めているものが、

①運筆力の強化

②3語文やそれ以上の文をスムーズに読めるようになる。
簡単な絵本やプリントの問題文を読んで理解できるようになるのが理想。

③近所の公文教室や先生の雰囲気を知る

なので、良いのですが。


公文の鉛筆は数種類あったことを初めて知りました^^;

こどもえんぴつ6B/くもん出版

¥441
Amazon.co.jp

こどもえんぴつ4B/くもん出版

¥441
Amazon.co.jp

こどもえんぴつ2B/くもん出版

¥441
Amazon.co.jp

この中から、最初は短いほうが書きやすいからと、

こどもえんぴつ6B/くもん出版

¥441
Amazon.co.jp

を1本いただきました。

確かに、線が太くなったかも。

長いと上を持ってしまうので、線が弱弱しくなってしまうのだとか。


2012/07/20

公文と七田




公文と七田、何年か前週刊誌にたたかれていましたね。


そんな叩かれた教室を一日はしごで見学の私はアマノジャクなのかな。


先日、この間いったのとは別の七田式をしている幼児教室の体験と、


近所の公文の教室の説明を聞きにいってきました。


どちらも外から見るのと中から見るのは全然違いますよね。


両方ともフランチャイズなので、いろいろなお教室があり、


ベースは一緒でも人が違うとやり方もいろいろだし、合う合わないがあって、


合わない人が不満を感じるのもすごくわかりますが、


成果が出ている人もいるわけで、噂だけで素通りはもったいないと思います。


公文は、先日のめばえ教室の体験以来、めばえ教室や知能検査について


ネットでしらべているときに、なぜか公文の体験談のような話にぶつかり、


読んでいるうちに、子供にあう教室や先生にめぐり合えれば、


有効な学習方法なのかなと感じたのと、


何より近くにあるしということで、せっかく体験レッスンのために休みをとったし、


体験を予約してから、その幼児教室、土曜日のクラスがないことに気がついたので、


見学だけで終わるだろうと思い、公文にも行ってみたのですが、


説明聞くだけのつもりが、


流れで夏の特別講習を受けることになってしまいました汗


図形はどこへ・・・探す


そして、体験を受けた七田式のお教室も土曜日のクラスを


8月から作ることを検討してくださるそうで、できたら、通うことになりました。


そんなわけで、一日で二つも申し込み!!(七田式は仮だけど)


息子に、七田と公文、どっちがいいかを聞くと、


「七田がいい!」


と言ってました。


私も、前のお教室と一緒の正統派七田式レッスンうけて、


先生たちも愛いっぱいな感じで、やっぱりいいなあと思いました。


暗唱もどこまで進んだか聞かれて、継続して取り組めそうだなと。


そんなわけで、公文は夏の特別学習のみの予定ですが、


こちらは運筆と国語を平行し、1教科だけなのに


数字盤も一緒にしてくださるということなので、楽しみです。

2012/07/17

1枚の紙が語るもの




1枚の紙とは、先日のめばえ教室で受けた知能検査の結果、


「知能因子表」です。


これは


活動

 記憶:覚える力

 思考:考える力

領域

 概念:言葉の意味 しりとり、カルタ、なぞなぞ、ごっこあそび、紙芝居
 図形:形・位置・方向 パズル、折り紙、積み木、プラモデル、将棋、碁

 記号:数・色・音 サイコロゲーム、トランプ、お買い物ごっこ


という5つの項目にわかれていて、横棒グラフが書かれただけのシンプルなものなのです。


担当者の方は、


「この用紙の結果はお子さんが生まれてから今まで経験してきたことが反映されています。」


すなわち、ここに表れているグラフや数値(数値を書く場所はなくて鉛筆書きでかかれています)


は、今までの経験、たとえば、どんな遊びをたくさんしてきたか、


絵本をたくさん読んでもらってきたとかそういうことが、出てきています。


ということを強調されてから、表の解説を始めました。


その解説は確かに、息子が生まれてからしてきたことを反映していて、


そして、その凹凸による特性も保育園で言われていることと


一致していたので、唖然としながら聞いていました。

たとえば、


「全体的に記憶力が非常に高く、領域の概念(言葉)が発達しています。


その中でもとくに聞く力の数値が非常に高いです。


お母さん、○○ちゃんが生まれたときから、たくさん本を読んだり、


話しかけたりしてきたんじゃないですか?」



うちは七田に通い始めたのも健診で「言葉の遅れ」を指摘され、経過観察になったからなので、


発語を増やすための努力として、


本を読んだり、語りかけは2歳半までかなり力を入れていたので・・・。


もしかして話さないかもという不安と赤ちゃんんのときから、英語ばかり聞かせすぎたからという


罪悪感の元にされた取り組みの気合の入れ方の違いが如実に反映された結果で、


力入れすぎちゃったのかなあ・・・と。


この結果、バランスが大事らしいので^^;


そして、


「聞く力がこれだけ優れているとお母さんや保育園の先生が言ったことは全部理解しています。


でも、お母さん、○○ちゃん(息子)のこと、『本当に聞いているのかしら?』


って思うことありませんか? それは、○○ちゃんは聞く力の数値がすごく高いのに


それを表現する力はそれに比べて弱いんです。(具体的な数値で説明)


だから、本人はもう全部いろいろなことがわかっているのに


それをうまく表現できないことがあります。」


これも、見てたんですか?っていう感じで・・・。


本当に、この子耳あるのかしらって何度思ったことか><


と、思えば、私が誰かと話している会話をそのあと玩具相手にそっくりそのまま


話していて


「はっ?」


とさせられることもあったりで・・・。


「こういうお子さんが小学校に入ると、授業や先生の言っていることは


ぜんぶわかっているのに発言はしない(できない?)ということがおこってきます。


すごくよくわかっているのに周囲にそれを理解されず、


本人が歯がゆい思いをすることもあります。」


これもなんとなく想像できるような。



そして、5項目中もっとも高かったのは記号(数)という項目だったのですが、


「ここが発達している子の特徴は協調性があって、集団行動が得意です。


よく集団に入れないというお子さんがいますが、○○ちゃんはその逆で人の輪の中に


自然に入っていけて、快適に過ごせます。


あと、こういうお子さんは先生の指示をよく理解して、それにしたがって行動することが得意です。」


記号が協調性とどう関係するのかは不明で、人の中が好きは赤ちゃんのときから


感じていたことなので、これは性格かなとも思いますが、


この点についても前の園や今の園の先生に言われたことと一緒でした。



そして、問題のグラフの短かった図形については・・・

「図形の力が弱いと、あきらめが早くなります。


また、(図形は認識力に関係するらしく)漢字などを覚えるのが苦手になったりすることもあります。


あと、ケアレスミスをしやすいというのも図形が弱い子の特徴です。」


これも、イタタタタっていうぐらい突き刺さり(思い当たるところありまくりです。)


そして、どういう表現を使われたかは忘れてしまいましたが、


図形の項目はパズルや積み木を一人ですることで、伸びるらしく、


親が手を出しすぎたり、サポートしているとあまり伸びないんだとか。


「お母さん、お父さん、これまでたくさんお子さんと関ってきたんですね」


と。


私が、図形の棒グラフ見ながら、


「関わりすぎ・・・ですね。」


と言ったら、


「そんなことはないですけど」


と笑ってました。


そして、


「まだ、この月齢なら、この数値(図形の数値)はいくらでも変えられます!」


と強調されました。


半分営業トークではあると思いますが、


変えられるのは確かだと思うので、


昨日から

ビッグタングラム SUPER ~7つの図形がうみだす知恵パズル~/ワニブックス

¥1,400
Amazon.co.jp


を引っ張り出してきて、寝る前の絵本の読み聞かせと一緒にしています。


この本もすっかりごぶさたでしたが、したら、楽しかったようで、


息子も今朝もしようしようと言ってました。


2012/07/16

七田体験レッスン&めばえ教室の知能検査




土曜日は転室予定とは異なる少し通いにくい場所にある七田の体験レッスンに行ってきました。


以前の教室と内容は8割同じでしたが、


流れとかやっぱりその教室によってカラーがあるんですね。


一緒にいったパパに、帰りの車の中で、


「どうだった?」


と聞くと、


「・・・・・・やっぱり、どうしても比べちゃうからね・・・」


と。


私もその教室、担当された先生がけっして良くなかったわけではないのだけれども、


やっぱり、前のお教室との違い、教室の大きさとか取り組み方とかが


気になり、土曜日早起きしてまで通うのは正直どうかなあと思っていました。


パパは、


「○○教室(以前のお教室)まで通うか」


と息子に言っていたけど、


私自身、毎週それはちょっと・・・。


そして、そのまま、スーパーへ行きましたが、


そこで、今までネットで噂に聞いていたけど実際には遭遇したことのなかった


めばえ教室の体験コーナーをしていました。


そこで、しばらくパズルをさせてもらうと、


「知能検査を受けていかれませんか?」


と聞かれたので、お願いしました。


息子には


「おばちゃんと一緒にクイズしよう。」


と声をかけていました。


15分くらいで終わるということだったので、


親は息子を残してその場を離れ売り場を一周してきました。


遠めに様子を伺うと、まだやっているようだったので、


さらに周辺のお店を見てから戻ると、息子はひも通しで遊び始めたところでした。


テストをした方からは、


「頑張りましたよ~。6歳児のところまでしましたから」


と言われましたが、結果はショック!


IQも教えていただきましたが、


まあ、その数値は現時点ではあまり気にせずにということでした。


6歳までは変動するそうで、


数値としては七田とかしていた子としては及第点ではないかと思いますが、


まあ、日々の取り組みとかプリントとかしてきたわけだから、


現時点で一般的にみて高い数値はでるのかなあと。


ただ、そのあとの担当者の方からの知能因子表なるものの説明を聞きながら、


この2年間取り組みが思っている以上に


反映されていることに驚くとともに、取り組み不足もそのまま反映されていることに


ショックを受けました><


息子は概念(言葉)や記号(数)、そして、記憶に関する数値が高く、とくに聞く力に関する数値が


同月齢の平均の倍近かったですが、図形が弱く、結果的に高い数値との大きな差があり、


知能因子表のグラフで図形の部分だけが大きく凹んでしまいました。


項目は全部で5つあり、図形以外は、同月齢のお子さんの平均100を大きく超えていたので・・・。


ネットの情報ですがこのグラフ、伸びよりもバランスがよいほうがいいのだとか><。


図形、やってきたつもりだったけど、絵本の読み聞かせや暗唱、プリントなどが優先度が高くて、


結果的にそちらで培った能力が伸びてしまい、やっていなかったことは標準発達にとどまったようで、


結果、バランスが悪くなってしまったのかなあガーン


まあ、担当の方いわく、このグラフは3歳9ヶ月までに親が子供に対して働きかけてきた結果で、


図形の数値も今ならどうとでも変えられるということでしたので、


図形を強化する習い事を探すことにしました。


とりあえずは最近していなかったパズルスーパーで購入。


60ピース のりものだいすき DC-60-015 [シルエットピースシリーズ]/テンヨー
本人が選びましたが、ピースが車の形とかシルエットになっていて、
かなりくいつきがよいです。

2012/07/09

公文体験




引越しにともない、七田は転室予定でしたが、


家から一番近く通いやすいお教室は土曜日クラスに空きがないそうで、


系列の別の教室を紹介していただきました。


が、ちょっと通いにくいことや時間の関係で迷っています。


こうなったら、ほかにも選択肢を広げようということで、


公文の体験レッスンに行って来ました。


今度の家のまわりにはくもんがたくさんあります。


公文が盛んな地域なのでしょうか?


私の住んでいる町の教室は1つのようですが、


保育園のある隣町には4つくらい、かなり狭い範囲にありびっくり。


一番近い教室は住んでいる町にあるところですが、保育園のある町にある


家から600mくらいの教室で体験を受けてきました。


住宅街の中にある個人のお宅の1階が教室で、


小学生が数人大きなテーブルに座っていましたが、


勉強しているというよりしゃべっている?感じでした。30分くらいしか


いなかったし、先生が私たちにかかりきりだったせいかもしれませんが。


息子は違う部屋で何枚かプリントをさせていただきました。


何の科目をしたいか聞かれたので、


「国語と算数で」


と言うと、


ひらがなの読みの教材と書く教材を渡されましたが、


息子の運筆力の弱さに先生も気がついたようで、


「ぼくがひらがなよく読めるのわかったけど、


まず、こっちからやりましょう。」


と「ずんずん」というせんがきのプリントをさせてくれました。


そして、私に向かって


「書けないのに書かせようとすると、えーんとなっちゃうから、


簡単なことからしましょう。」


と。


算数のほうは、


「鳥や○を1,2」と数える教材でした。


これは、七田プリントと一緒だなあと思いながら、


見てました。


させていただいたプリントをいただいて、帰宅しましたが、


息子はなぜか、公文がとっても気に入ったようで、


それ以来、


「くーもん行く、くーもん行く」


と連日言っています^^;


パパが、


「七田じゃないの?公文がいいの?」


と聞くと、


「七田と公文両方行く!」と言っていましたが、


「どっちかだよ。どっちかならどっちがいいの?」


と聞くと、


「公文がいい。」


と、こたえていました。


数枚プリントしただけなんだけど、どこがそんなに良かったのかな?


あまり、公文行く公文行くというので、


「公文に行ったら、毎日プリントたくさんするんだよ。


七田プリント毎日できない子は公文にいけないよ。」


と言ったら、


「プリントする!」


といって、毎日6枚(AとB3枚ずつ)しっかりしています。


今度、七田の紹介していただいたクラスにも行く予定なので、


それを見て息子の気持ちがどう変わるかわからないけれど、


どうしようかなあという感じです。


もう少し七田に行って、公文は小学校からとかでもいいような気もするし、


でも、七田の小学生コースも捨てがたい。


でも、続けるには近いほうがいいし、


運動系か芸術系の習い事をさせたいので、


公文が平日にいけると、土曜日にもう一つ習い事できるかなと。


通うとしてももう少し運筆力つけてからかな。


はじめてのえんぴつ―2・3・4歳 (うんぴつ (1))/くもん出版
¥693
Amazon.co.jp





2012/07/05

親が案ずるよりも・・・




昨日の記事にはコメントありがとうございました。



昨日お迎えに行ったら、年上のお友達と遊んでました。


先生からも、


「入っていくの上手だもん。大丈夫よ~」


と笑顔で言われました。

親が案ずるよりも子供は柔軟に環境に馴染んでいくんだなあと、

あらためて思い、安心しました。



今朝は、笑顔で手を振って別れられましたが、その場所が園庭で、

朝の8時半から園庭遊びで保育室はもぬけのからでまたまたびっくりしました。

それでそのあとさらにプールに入るようです。

迎えにいっても雨の日以外は園庭で遊んでいるようで、広い園庭からわが子を探すのですが、

一日かなり長いこと屋外で過ごしているようです。

体力はつくかな。


説明会にいっただんなが

「日に焼けると思います」

と言われたそうですが、そりゃそうだ。

2012/07/04

引越しと転園




先月新居に引っ越しました。


都心の高層マンションから、

郊外の一戸建てに移り、生活がガラリと変わりました。


以前は駅まですぐ、1階にはスーパー、都心のどのエリアに誘われても


気軽に足を運べる場所でしたが、


新居は駅まで13分しかも坂道。


スーパー、コンビニまで10分、


都心には電車で30分弱


という距離で、心理的に電車に乗ってどこかにでかけるのが


とっても億劫になってしまいました。


都心に電車1本でアクセスできる場所にこだわって土地探しをしましたが、


2本でも駅近が良かったかな?


といってももともと出無精で、前の環境でさえ、


たいして、でかけなかったので一緒かも。


戸建くらしは予想以上に快適でびっくりです。


ずっとマンションで暮らしてきたので、戸建の生活はどうだろうと不安だったのですが、


周囲の家の窓の位置などを配慮して設計したこともあり、


目線もあわないし、マンションより広いし、収納もあるし、庭もあるしで、


マンション派から一気に戸建派になってしまいました。


ただ、旧居には未練はないのだけど、旧居のあった自治体はやっぱりよかったなあと


未練たっぷりです。たぶん日本の中でもトップクラスの自治体なので、


しかたないですが、保育園とかいろいろと恩恵があったことに


離れてみてあらためて気がつきました。


幼稚園の見学や申し込みもしていましたが、


認可保育園に入れたので、保育園に転園しましたが、


以前のクラスに比べると、先生の数がびっくりするほど少なくて(以前は担任2人+非常勤の先生が数人いたので、ある程度目が届いていました、


朝晩の送迎で見る限り、先生はいつも一人で子供たちが15,6人くらい(さらに登園してくる)で

ほとんど勝手に遊んでいます。


しかも完全縦割りクラスで同級生らしき子をほとんど見かけず、


お兄ちゃん、お姉ちゃんばかりで、それだけで息子は怖気づいていました。


前の園でも縦割りでお散歩とかあって仲のよい子もいたようですが・・・。


お迎えにいっても、一人で少し上のお兄ちゃんがカプラするのを横でジッとみてたり、


一人で園庭で遊んでいたり・・・。


前の園の面談では、


「人と関わる遊びが好きです」


と言われましたが、あの状況だと自分からは関りにくいのだろうな。


慣れれば変わるかもしれませんが。


私自身が年長さんらしき大きな子ばかりで驚き、


縦割りクラスについて先生に聞いたら、


「お兄ちゃんやお姉ちゃんが面倒みてくれたり、遊んでくれることもあるけど、


いじめられちゃうこともあるのよね・・・。


慣れるまではストレスかかるかもしれないですね。」


と言われました。


面倒見てもらえることよりもいじめられちゃうことのほうが


多そうなニュアンスで、そのあたりもちょっと心配ですが、


親が気を揉んでも仕方がないとは思いつつも、


前の園なら先生がもう少し多かったので、


多少配慮してもらえたのでは?


と思いました。


それをパパに話したら、


「そういう経験をすることで忍耐力とかいろいろ学ぶことあるんじゃないの。」


と言われ、


まあ、そうですよね・・・。一人っ子だし。


でも、息子に


「新しい保育園楽しかった?」


って聞いたら、


「たのしくなかった」


とすごーく小さな声でぼそっと言ってたので、


あの環境ならそうだよね。と思ってせつなくなりました。


しかし、以前にも増してのびのび(ほとんど放置)のような環境のおかげか、


「プリントする?」


と久々に聞いたら、


「プリントする!」


と言ってしてました。


知的なことが少しはしたくなったのかな。


そろそろ取り組みも再開しなくちゃね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。