--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/22

早期教育の弊害と効果




過去の記事の日付を直していて、「早期教育の弊害」を心配していた記事を読み直し、懐かしい気持ちになりました。

当時は、本当に、フラッシュカードの弊害を気にしていて葛藤しながらしてました。

息子に見て欲しいような、でも、見ないとホッとするような^^;

でも、今のところ、早期教育の弊害はまったくと言っていいほど感じていません。

以前記事にした取り組みを家でさせないでほしいと言われた幼児教室でも

「大変伸び伸びしたお子さんなので、無理やり何かをさせないほうがいいです。」

と言われました。

まあ、かなりマイペースなので、そういう意味かもしれませんが^_^;

一方、効果はというと、まだ、年齢が4歳なので、なんとも言えない部分はありますが、これは取り組みしていたからなのかなと思うところはあります。

早期教育というと一般的に月齢の標準より、

・文字や絵本が読める

・数字が多く数えられるとか計算ができる

・物事が理解できる

と思われがちですが、それはおそらく早期教育や幼児教育を外から見ているだけのように思います。

確かにカード見せたり、知育玩具で遊んだり、プリントやドリルさせたりはしますし、ブログの記事もそれ中心なのですが、それは記事にしやすいからであって、それだけをしているわけではないです。

脳科学の研究者、カヨ子おばあちゃんのご主人やはなまる学習会の高濱先生のような方が、外遊びの重要性や知能と運動の密接な関係を世間に声を大にして知らせてため、
勉強だけさせようとする教育熱心なママやパパはほとんどいないのではないかと思いますが、1歳から通った幼児教室(七田)では、当時はそこまで、「外遊び」と言われていませんでしたが、指を使ったトレーニングや運動の取り組みがレッスン中にもあり、個人面談でも歩くことや運動を勧められました。

逆にカードは勧められませんでした・・・。

おかげで、息子はとても体力があり、長時間歩いてもへこたれません。

まあ、これは、親がというより、最初に通っていた保育園が園庭が狭かったため、お散歩で近隣の大きな公園まで毎日歩いて行き、そこで、これでもかというほど、走ったり、遊ばせてくれたおかげです。
保育参観のときに付いて行って親も相当疲れましたが、子どもたちは元気いっぱい。
無認可の保育園から転園してきたばかりの子だけが、
「疲れた~」と途中でしゃがみ込み、泣きそうになっていました。

あと、不器用な私からは信じられないことに、息子は「器用ですね」と言われます。

実はこれが、私が成果らしきものとして感じているもので一番大きいかも。

他には、絵を褒められます。

私は、七田の会報誌に載っている素晴らしい絵ばかり見ていたので息子の絵なんとも思っていなかったのですが、今まで3つ通ったすべての保育園の先生に言われたので、もしかして、右脳なのかなと思っています。

まあ、通っていなかったらどうだったのかはわからないんですけどね。

それと、以前うけためばえ教室の知能検査でも高い数値が出た
「聞く力」と「記憶力」は七田のお陰ではないかと思っています。

めばえ教室では、

「絵本の読み聞かせや語りかけをたくさんしてきたんですね。」

と言われました。

確かに言葉が遅くて悩み続け、調べ、いろいろなアドバイスを受け、ほとんどすべての人に絵本の読み聞かせとテレビやビデオの時間を制限することと言われたので、それもあるとは思いますが、
やっぱり右脳的な取り組みドッツやフラッシュカード、暗唱、かけ流しの成果かなと思います。

まあ、こんなところではありますが、葛藤しながらやってきて、大変な時期もありますが、やってよかったと思っています。



最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
2013/03/06

くもん体験も残り1回で迷う今後




くもんの国語を現在体験しています。

残りあと一回となり、金曜日入会するかどうか聞かれるのかなと思うと気が重いです・・・。

なぜなら、正直迷っているから・・・。

先日の記事にも書きましたが、最近、机上の取り組みはやはり好きではないらしく・・・。

声掛けしてもなかなかやりませんあせり

ただ、くもんに通ったおかげで七田プリントBはスムーズになりました。

くもんの宿題に比べると七田プリント3枚は楽だし、楽しいと本人も感じたようです。

その点はよかったのですが、くもんの宿題はなかなかやらず、体験の段階ですでにくもんの当日に行く前にやり残しをしています汗

私の友人はそれで、子供にくもん教室をやめさせたらしいですが、体験の段階でこの状態ってあれ

運筆力の弱い息子にとっては、やはり書きは負担らしく、夏にくもんの体験学習で鍛えていただいた「読み」と非常にアンバランスです。

だからこそ、私はくもんに通わせようと思ったのですが・・・。

先生からも宿題は4Aだけをすることを勧められました。

私もそれが妥当だと思ったので、その点はいいのですが、それでもするかどうか怪しいです・・・。

本人の意向を聞いたら、

「行かない。年長さんになったら行く。」

と言ってましたが。

どうでしょうね・・・。

ただ、今回の体験で、先生の教材の見極めなどは信頼出来ると思ったので、通うならここというのは迷いがなくなり良かったです。

やっぱり近隣で一番混んでいるのはそういう理由なのかな。

2013/03/04

結果につながる継続力




この週末は仕事でした。

好きなことをお仕事にされていて、どんどんご自分のフィールドを広げられて活躍されている方とご一緒させていただいたので、すごく刺激を受けました。

息子もこんな風になってくれたらと思いました。(自分も頑張ります☆)

周囲には分野こそ違うもののそういう方が多くて、ある共通項があります。

・賢い(高学歴という意味ではない)

・継続力がある

・仕事が早い。よる遅くまで一緒にいたのに、企画や仕事の話をすると、翌日の早朝や午前中には具体的なスケジュールや内容をメールで送ってきたりする

・早起き

ほかにも、ものすごい仕事量をしているように見えながら、実は少しの労力で済むような工夫をされていたり、視野が広くて自由に発想して行動していたり、バリバリ感とか努力しているって感じではなく、サラリとこなしてしまうところなんかも似通っていますが。

そして、この中で最も結果につながっているのはやはり継続力と感じました。

仕事が多少遅くても、早起きでなくても、やっぱり継続力がある人は強い。

まさに

「継続は力なり」

ですね。

息子にもこの継続力をぜひ身につけさせたいです。(あ、自分もね^^;)

そして、この方法を考えてみました。

・習慣化
・継続できる仕組みを作ることとを親が教えること、
・継続したことで何かを達成した経験を積ませること

くらいか思いつきませんでしたが・・・。

結局のところ、自分で実感したり、お手本になるような人を見つけて、本人が気づかないいと本当の意味での継続力はつかないとは思いますが、「継続は力なり」だよ~と刷り込もうかなとは思います。

たくさんありすぎると継続も大変なので継続と短期で取り組むこととの取捨選択も必要ですね。
30日で人生を変える 「続ける」習慣/日本実業出版社
¥1,365
Amazon.co.jp
2013/03/01

グリーンCAP! Getと思ったら・・・




一昨日はTEの日でした。

我が家は一週間前にTEでグリーンCAPレッスンをお願いしたものの撃沈し、TryAgainになりました。

その後、日曜日にブログにも書きましたがなんとかオーディオCAP2課題を応募したので、今月は3課題応募済となりました(CAP課題は月に3課題と決まっています)

でも、来月にまた、グリーンCAPのTEレッスンを受ようと思い、今回のTEでも、CAP課題のレッスンをお願いしました。

CAPと伝えずに通常通りのレッスンとしてお願いしたのですが・・・。

何やら息子が先生と話したあと、
「OK」と言って
「はい。ママ」
と受話器を渡され・・・。

電話にでると、
「CAPレッスンじゃなくていいの?」
と英語で聞かれました。
私はもう3課題応募したからと伝えたかったのですが、英語でどう言っていいかわからず、
Can I try it?
と聞いたら、
「もちろん。私はそれを薦めるわよ。」と。(英語で)
で、お願いしたら、うまくできて。
「○○(息子)Pass! Congratulations!」
と言われているのが電話口からかすかに聞こえて、
電話を変わったら。
「○○ good job! Pass! Congratulations!」
と言われ、
「Thankyou!」と家族で大喜び。

そして、翌日、ワールドファミリーのサイトで先日雷落として録音した(関連記事)
オーディオCAPの結果見たら、まさかまさかの両方Pass!

ということで、まさかのグリーンCAPゲットGet

と喜んでいたのですが・・・。

ワールドファミリーの会員サイトにTECAP結果が表示されていないので、もしかして・・・と嫌な予感がしたら・・・。

やはり、4課題目は無効ということでTECAPの通過は幻となってしまいました涙

まあ、もともと3課題しか応募できないと思っていたから練習のつもりのTEだったのでいいんだけど・・・。

Passしたと思って喜んだ分だけショックです♥akn♥

来週また頑張りますが、TEってその日の気分にもよるし、先生との相性?のようなものもあったりするので・・・。

優しい先生に当たるといいなあ。

皆様課題オーバーにはご注意を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。