--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/30

読み・書き・計算が子どもの脳を育てる




昨日、ショッピングモールの書店で見つけた読み・書き・計算が子どもの脳を育てる を読んで、迷走していた通信教育や低学年中の家庭学習に対する考え方が少し変わりました。

この本では、画像を使って脳の働いている部分を示し解説してあります。

目で覚えようとするときと、書きながら覚えようとするときの脳の使われている場所。

難しい計算問題を解いている時と、一桁の計算問題を解いている時の脳の使わている場所の違い。

それが、画像で説明されているので、わかりやすく、説得力があります。

音読は、黙読よりも働いている脳の範囲が広い。

難しい計算は脳の左側がおもに使われているのに、一桁(けた)の足し算などの単純な計算は、左側も右側も広く使われているなどの解説があります。

脳の発達において重要な時期に当たる小学校低学年では、「読み・書き・計算」が有効。

基礎的な学習を十分に行うことで、「前頭前野」が育ち、脳が活性化し、なおかつ「考える力もつく」とのことでした。

東大生は左脳が発達していると以前どこかで読みましたが、難しい計算や問題を子供の頃から解いてきたからなのかもしれませんね。

低学年の時期はバランスよく育てたいなということで、方向性と教材がみえてきました。

すごく、読みやすい本なのでオススメです↓


スポンサーサイト
2015/04/29

「知の翼」サービス終了へ。




先日、資料請求した「知の翼」新たな会員の募集を停止し、来年2月号でサービス終了だそうです。

スマイルゼミに入会して、通信教育の検討は、いったん傍におき、「知の翼」は、早い段階で候補外でした。

サンプルを見て悪い印象ではなかったですが、サピックスのピグマキッズや四谷大塚のはなまるリトルを退けて、「知の翼」を選ぶのはないかなと思いました。

同じように感じた人が多かったのかも。

サービス終了の理由は、
「昨今のICT教育や、タブレットを使った学習など、子どもたちを取り巻く教育環境の変化は大変大きく、また価値観の多様化や情報の細分化と専門化など、様々なご家庭のニーズに応えるサービスを提供することが難しい」
からだそうです。

入会していたら、再び通信教育選びしてたかも。

入会してからわかることもあるから、それはそれで良かったのかな。

2015/04/27

これはなかなか良さそう。




この間、社会の先行体験用に買ったタイムトラベル日本歴史カード (サピックスブックス)


中身はこんな感じです。





一冊はカードやすごろく。

切り離して遊ぶようになっています。

もう一冊解説編があります。



なかなか楽しく歴史を学べそうです。

小学3~6年生とありますが、そのころ始めるより低学年のうちに遊んでおくのが良さそうです。

歴史マンガを読んでいるので、カードを見て、

「魏知ってる。卑弥呼が、言ってた(マンガの中で)」

と言ってました。

この教材は活用できそうです。

2015/04/27

きらめき算数脳は評判通り!




先日注文したサピックスの問題集をやってみました。(関連記事

きらめき算数脳は、レビューの評判通りとても良い教材でした。



先日資料請求したピグマキッズクラブのサンプルのキャラクターが出てきて、問題も似たような感じ。

息子は楽しく解いていました。

カラフルでマンガっぽい絵がお勉強ぽさを感じさせないのが我が子にはポイントが高かったようです。

でも、中身はサピックス。

見開きページにも内容が詰まっていますね。

花まる学習会の教材なぞぺーも、論理的思考につながる問題が多いので、
それを別の角度で解いている感じで良かったです。

レビューに
「に小学2・3年生用を購入しました。・・・が、小学1.2年生用との難易度の違いがありません。」
とあったので、終わったら、2,3年生用に進もうと思います。

と、思ったら、小学2,3年生用はない?
きらめき算数脳 小学3・4年生 (サピックスブックス)はあるけど。



ということで、書店でチェックして進めそうなら進もうと思います。


この手の遊びっぽいのは、楽しくできるのは良いのですが、お勉強ぽいドリルや問題集は、本当に嫌がるのが困りモノです・・・。

通信教育もそれもあって決めかねています。

どんなに良い教材でも親子でもめて取り組めなかったら仕方ないし・・・。

でも、同じ一年生でも頑張っているご家庭のブログを見るにつけ、我が家の取り組み少なすぎとも思うし・・・。

こんなんで受験できるのかな。

御三家に行くような子は勉強好きでドリル与えたら、喜んで解いてみるような探究心旺盛な子なのだろうな。

そして、この間買ったこちらは、6年生用でした><
中学入試小6生用というのが画像でよく見えませんでした^^;
サピックスメソッド漢字の要ステップ1マスターブック


6年生まで寝かせておくのもなんなので、読みのみで使用しましたが、意外に読めていました。
電車好きなので、路線図でかなり地名や漢字を覚えていたようです。

この問題集、中学入試に頻出の漢字が載っているそうで、こういうのが出るのかと意識しながら、
日々の取り組みの参考にしようと思っています。
2015/04/24

サピックスの問題集を買いました




タブレット教材導入により、ゲームのことといろいろ問題点や今後の懸念が浮き彫りになった我が家。

入学してからの家庭学習も花まる学習会の宿題は順調。

そして、スマイルゼミも簡単なのでなんとか。

あとはハイクラスドリル。

こんな状況なので、中学受験の通信教育できるのかなとまだ迷っています。

そんな中、小学校の入学祝の一部で問題集を買いました。

通信教育ではサピックスのピグマキッズがサンプルは一番気に入っていますが、
いろいろ考え、1年生の間は見送りムード。

そのせいか、気がつけば、ぜんぶ、サピックスの問題集でした。

この問題集がすごくよくて(息子にあっていて)大満足なら、ピグマキッズ、サピックス通塾もあるかも。

買ったのはこちら。
中学受験するご家庭なら一家に一冊はありそうなきらめき算数脳



社会の先行体験にタイムトラベル日本歴史カード (サピックスブックス)

クイズとゲームで楽しく暗記できる歴史カード176枚。
カードでゲームをしながら日本の歴史を楽しく学習。

というのが我が子にピッタリ。

そして、低学年の中学受験対策は漢字と計算のマスターが必須らしいので、
サピックスメソッド漢字の要ステップ1マスターブック

「漢字はこれ一冊繰り返しやればいい」
というレビューもあり、個人的にはそういうのが好きです。
あれもこれもやらせようとすると大変なので(私が)

それにしても、小学生の問題集もけっこうするもんですね。
通信教育の一ヶ月分を超えている。

通信教育しないで、問題集だけで済ませば安いものですが…。

それで力がつけば良いのですけどね。
どこにどれだけお金かけるのが良いのか悩みます。
2015/04/21

ゲーム目当てで勉強はアリなのか?




なんだかんだ言いながら、まだスマイルゼミ使っています。

ゲームやりたさに息子が教材をやりたがるからです。

うーん、まんまと思うツボ。

で、二人でゲームをやっていると楽しい。

盛り上がる。

私が中学受験するぞモードになってから、息子は明らかに引き気味でした。

私に対して。

それまでは、
「ママ大好き」
といつも言ってたのに言わなくなりました。

が、教材して、ゲームで盛り上がったら、
「ママ大好き」
が久々でました。

子どもって単純。

やっぱり一緒に遊んで面白がっでくれる人が好きなんだ。

幼児教育の時みたいに親子で楽しく勉強するのが理想です。

でも、それがゲームってどうなんだろう。

こんなんで、中学受験できるのかな。

ゲームじゃなくて勉強楽しめる子にするにはが課題ですね。
2015/04/20

やっぱりゲームは…。




先日、タブレット教材のメリットを書きましたが、デメリットのほうを感じています。

まだ、使い始めたばかりですが、もう送り返そうかなと思っています。

スマイルゼミでは、勉強時間に応じてゲームで遊べるようになっています。
ます計算や百人一首のようなものもあってそれもいいなと思いました。

が、子供は(というはうちの子は)それをせず(数回した)、りんご落としばかりしたがります。

確かに、私がやっても、
「うわー、もう一回!」
となり、何度もやりたくなります。

でも、ドリルよりも、勉強よりも、朝から、ゲームをしたがる始末です><

保育園児なので、家にいる時間も短く、今までゲームに触れたことがありませんでした。

テレビもそんなに見なかったので、テレビも見たがらず、
ゲームも一緒かなと思ったら、ゲームは違いました。

今まで、ipadで学習系のアプリはさせていたのですが、
ゲームを知ったら、もうそんなのは見向きもしないようです。

スマホをもたせたらどうなるんだろうと。

やっぱり勉強は紙でないと、我が子はダメだと思います。

教材は悪くない、
とくに英語の教材は良かったので、
ご褒美のゲームがないか、もっと利用時間が短ければまだいいのにと思いました。
2015/04/17

タブレット学習のメリット




引き続き、スマイルゼミを使っています。

我が家のwifi環境のせいで、ダウンロードに時間がかかるため、思うように進みません。
(仕方ないのでそのたびに2階に移動しています。)
が、システムならではのメリットもあります。

とくに問題の取組状況が、私のメールに送られてきて、専用のサイトで一覧表示されるのはすごくいいと思います。

これは、システムならではのメリットですね。

子供の頃、進研ゼミをしていて、添削を出さずにムダにしましたが(汗)、
こうやって、どれだけ取り組んだかをひと目でわかるとサボることを防げます。

そして、勉強時間に応じて、ゲームで遊べて、マンガ(手塚治虫さんのリボンの騎士等)もダウンロードできます。

勉強時間分しかアクセスできないので、遊ぶため、読むために取り組もうという気になるかも。

子供もタブレットだとゲーム感覚なので、計算問題も積極的。

取り組み時間も出るので、さっさと取り組みます。

勉強の習慣付けには良いかも。

が、うちは花まる学習会にも通っているし、問題も発展クラスにしましたが、一年生では基本過ぎて、
内容的には物足りないです。
サピックスのピグマキッズか四谷大塚のはなまるリトルのようなひねった問題があればいいと思いますが、
教科書準拠なので・・・。
受験せず、学校の勉強をしっかりなら、アリかも。

ピグマキッズの内容でスマイルゼミのようなシステムでの学習管理できるのが理想です。
そういうの出ないかな。


2015/04/16

スマイルゼミが届きました。




スマイルゼミが到着しました。
うちのwifi環境が一階だと不安定で問題をダウンロードするのに時間がかかり手持ち無沙汰。
うちのiPadは問題なく使えているので、タブレットの機種の問題?
まもなくwimax2にするので解決すると思いますが、お試し期間中は間に合わないかも。
ペン入力はなかなか認識してくれずですが、楽しみながらできそうな気配は感じますが、1日分?もできずしっかりお試しができるかそれが問題です。
2015/04/14

スマイルゼミ入会




検討していた通信教育ですが、なりゆきで、スマイルゼミに入会しました。

資料請求したら電話がかかってきました。

四谷大塚のはなまるリトルと一緒ですね(関連記事

そこで、「全額返金保証」キャンペーンについて知りました。

使ってみて、2週間以内に返却すれば、全額返金というか引き落としされない。
タブレットの返却送料のみ負担。ということで、ものは試しということで…。

教科書準拠ということでしたが、そのあとで、算数の教科書と花まる学習会の毎日の宿題を見て、教科書準拠のものは
もう必要ないかなと思いました。

算数の教科書は幼児期から七田プリントなどで取り組んでいた内容とかなりかぶっていたので1年生の内容は、復習感覚でできそう。

だから、するなら、やっぱり中学受験向けの教材か、ハイレベルのドリルかなと思います。

なので、現時点では、お試しで終わる可能性が高いです。

ただ、見本を見た時に、計算問題のゲームっぽいものがついていて、そういうので楽しく学べるのは良さそうだなと思いました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。