--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/29

四谷大塚リトルオープンスクール体験




再び四谷大塚のリトルオープンテストを受けてきました。

そのあとは体験授業。

前回は終わった後、
「簡単だった~100点」
その後、問題と解答を見て、
「1問間違えた」
と言っていた息子でしたが、
「難しかった。2問、じゃなくて3問書けなかった)」
と言ってました(~_~;)

まあ、入学してからの勉強量がこれですから…。

現実を知るために受けています。

終わってから、四谷大塚のリトルスクールの体験授業でした。

後ろでみていて、授業より、子どもたちに目が行く私。

課題があって、後ろでできた順に先生に◯をもらうので、
お子さんたちの出来具合がよくわかります。

みんな普通にできる~
家でいろいろやっているよね。(たぶん小さい頃から。)
と思われる子ばかりでした。

こういう子たちが受けているわけだから、テストの平均点も高いわけですね。

そして、あらためて、中学受験はそういう子たちの集まりなのだと認識しました。

体験授業でさえそう感じるので、実際に入塾している子たちは、さらにレベルが高いのでしょうね。

途中からは、花まるやめて、こっちに通ったほうがいいのかなと思いながら観ていました。

花まるも教材とか四字熟語読んだり、絵を見て話を作ったり、短時間でいろいろするところは良いのですが、
・・・なこともあります。
たとえば、各テーブルの先生が若くて学生みたいな感じで、子供の学習について話してもわからないんですよね。
私も学生時代、塾の講師のアルバイトをしていて、中学レベルの勉強は教えられたけど、
子供にどう声掛けすればいいかとか聞かれてもわからなかっただろうから仕方ないのですが。


今回、四谷大塚のほうは先生が、10人くらいに3人で、フォローが行き届いていて、
勉強面での相談とかはのってもらえそうだなと思いました。
たとえ、先生がわからなくても、そこは塾なので誰かしら具体的なアドバイスをしてもらえそうでした。

実際、説明会でもそんなお話でしたし。

あと、廊下に読書の記録みたいなのも貼ってあって
そういう点でも、読書の張り合いができたり、塾を活用できそう。

でも、遊びながら、楽しく学ぶ授業ではありましたが、
受験のスピードとかに対応するように考えられているから、
競争ぽいところもあって、のんびり屋でマイペースな息子にはストレスになるかなと。
今からここに入れてしまうのは酷な気もしもしました。

そういう中で刺激されて発奮するタイプならいいんですけどね。

花まるもキューブキューブの競争とかあるのですが、それは得意みたいだし、
あの雰囲気だとできなくても、ストレスになる感じではないので。

そんなことをいろいろ考えるとやっぱり我が子にはあの明るい雰囲気のほうがあっているような。

でも、夏期講習は行ってみようかなと思っています。
スポンサーサイト
2015/06/25

毎日の取り組みについて視点を変えてくれた本




強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話という本を読んでいます。

確かに強烈ですね。
この親父さん

そして、ドリルさせたり、通信という従来の教育法ばかり考えていた私にとっては、
視点を変えてくれるいい本でした。

こういう本を世に出してくれるのはありがたいですね。

このお父さんのような子供に語れる教養や知識はないけど、
マンガやテレビを使って、興味を持たせる。
そして、ただ、見るだけ、読むだけではなく、次につながていくというのは
できるかもしれない。

あと、勉強法についても、国語は名文を書き写すと良いとか、
英語は何度も繰り返し読んで暗唱とか。
参考になりました。

とりあえずDWEのTACを何度もリピートして暗唱してみようか?
もう、使いこなしているご家庭ではやっているかもしれないけど。

こんな教材も見つけました。




2015/06/24

某教材で勉強嫌い寸前&電車で行こう




以前、教材の方向性が見えてきたと書いたけれど、それを始めてから、
息子の勉強嫌いが強まってしまった。

ハイレベハイクラスドリルよりはるかに簡単な単純な引き算なのに
なぜ、そんなにイヤなのか不明><

パパからも
「一年生のうちからそんなにやらせなくていいよ。
勉強嫌いになったらしょうがない。」
と言われて・・・。

100マスも好きではないらしく、単純計算、脳を使うの負担なのでしょうか・・・。

この間、ドラゼミのDMが来ていて、
「ポイント集めるとこんなのもらえるんだって。
やりたい!」
と言っていたけど、
なんかもうしばらくいいやって感じです。

はなまるの宿題とハイレベハイクラスドリルでしばらくはやっていこう。

この間、書店で、これを買い与えました。



小学校中学年向けのようですが、見事にハマっています。
ゾロリばかり読むので、他のもということで無理やり買ったけど、大正解。
小鉄にはオススメです。


2015/06/20

授業参観




先日、授業参観がありました。

初めてでちょっとドキドキしましたが、思った以上にちゃんとした授業でした。

先生が一人一人ちゃんとできているか丸つけしたり、して何度も教室内をまわるのですが、
立ち歩いたり、ふらふらしている子はいなくて。

そして、誰かが発表してこたえが正解すると、拍手~

私が子供の頃にはなかった光景だなあ。

半数くらいの子が積極的に手をあげていました。

我が子も毎回、欠かさず手をあげていました。

40分のうち2回発表していました。

でも、かなりのお子さんが発表するように先生が指名していました。


そして、授業参観てビデオ撮影OKなんですね。

運動会のようでビックリ。

学校なので撮影禁止かと思って持っていかなかったのスマホで撮りました。

授業は算数だったのですが、ただ、足し算するだけじゃなくて、
コミュニケーションスキルや表現力などもつくように考えられていて
感心しました。

私は、学級崩壊の話とか報道で昔から聞いていたのでどうなんだろうと思っていましたが、
予想より授業も子どもたちもしっかりしていて驚きました。

でも、そのあとの親だけの懇談会では幼稚園のお母さんから感想を聞いていたら、
自由遊びが多い保育園の保育参加しかしたことのない私の基準はかなり低いのかもという気もしてきました。
2015/06/17

教材のなんとなく方向性がみえてきた




春からサンプルを取り寄せて検討を重ねていた通信講座や主軸にする教材ですが、なんとなく
方向性がみえてきました。

ちなみに通信教材のサンプルは
四谷大塚のはなまるリトル
サピックスのピグマキッズ
日能研の知の翼(その後サービス終了が決定)
ドラゼミ
Z会
を取り寄せました。

さらにお試し入会でスマイルゼミも体験。

この中で、息子が気に入っていたのはサピックスのピグマキッズ。

私ははなまるリトルです。

でも、学童の我が家は大手塾の通信の課題は負担になるなと思いました。

なので、サピックスのピグマはあきらめ、きらめき算数脳 小学1・2年生 (サピックスブックス)
で代用です。

とりあえずこちらは、順調に進んでいます。

するのは週末だけですが。

これとはなまる学習会で、毎回、なぞぺーを解いているので、
論理的思考はかなり身についているのではないかと思います。

でも、タイプ的に文系なので、算数をもう少し力を入れたいなと思ってそれを強化できそうなものにしようと思っています。





2015/06/11

中学受験の基礎づくりに朝勉したいけど・・・。




ブログを読ませていただいているご家庭のほとんどがしている朝勉。

・30分でもしておくと差が出る
・中学受験の基礎づくり効果的

そうなので、我が家でもさせたいのですが、7時半に家を出るのに起きるのは6時50分くらい。

そして、スローモーションかと思うほどの遅い着替えと食事。

とてもそんな時間はありません。


でも、珍しく早く起きたので、
「今日は、早く起きたからこれやろっか?」
と早寝早起きドリルを出したら・・・。

「そのために早く起きたんじゃない!」
だって><

早起きしたのはかいけつゾロリの絵を描くためだそうです・・・。

私が前日、
「◯◯くん、本が好きだから、原ゆたかさん(ゾロリの作者)みたいに、お話書く人になったら」
って言ったら、すっかりその気になったらしく、絵の横にお話も数行書いていました。

夜は、ドリルで終わっちゃうから、早起きして書こうと思ったらしいので、勉強はやらないといけないものとは思っているらしいですが・・・。

朝勉するなら、寝ることを選ぶだろうな・・・。
2015/06/11

どうぶつしょうぎから子ども用の将棋に移行する?




昨日は、ひさしぶりにどうぶつしょうぎ
をしました。

以前、ピグマリオンの第二グレードをしていたときは、終わった後、必ずトランプなどのゲームをしていましたが、最近は、なんとかドリル終わらせ、お風呂に入って寝るのが精一杯だったので。

食事が終わっても本を読んでいてなかなか花マルの宿題をしようとしないので、
「早く終わらせて遊ぼう」
と言ったら、
「そんなこと言ったってママ、絶対遊ばないくせに」
というので、
「ママはいつも遊びたいけど、ご飯食べるの遅すぎて寝る時間になっちゃうからでしょ。
8時20分までに全部終わったら、遊ぼう。」
と言ったら、自分で時間をはかって花マルの宿題とドリル類を終わらせました。

きのうは、息子の希望で、どうぶつしょうぎになりました。

かなり、昔に買って、ひさしぶりにしましたが、なかなかおもしろかった。

こう動いたら、相手がこう動いてと先を読み、頭を使いますね。

ちゃんとしたしょうぎに移行したほうがいいのかな。

アマゾンで見たら、くもんのNEW スタディ将棋が人気のようでした。


ドラえもんのは将棋だけでなく囲碁もあっていいのですが、
去年妹が息子の誕生日にドラえもん みんなであそぼうよ ロイヤル50を贈ってくれて…。
楽しいのですが、使って、片付けてと時間を所要するので、意外と使わないのですよね。

将棋を買ってもそうなるかな。

その点、どうぶつしょうぎ
は出し入れが簡単でいいですね。


2015/06/10

「考える力がどんどん身につくまなぼう!さんすう」で自学自習できる?




最近、無学年制の学習法に興味があって調べていました。

中学受験の試験問題の多くは5,6年生で学ぶことが出題されるそう。

だから、学年より早く学習しておくと受験対策が進めやすい。

賛否両論ある公文ですが、中学受験されるお子さんの多くは公文の算数をされていますよね。

公文の算数をしているメリットとして、よくいわれるのが計算スピードが早くなる。

それだけでなく、無学年制でどんどん進めるので、中学受験の勉強の前に小学生の過程を終えている子は、有利なのかも。

我が家は私が教えられないのと、息子が勝手にプリント見て解こうとする、そしてわからないと癇癪起こす。

説明しても聞く耳を持たないので、先取りはしないのではなく、できない状態です。

学校や花まる学習会みたいな集団では、よく話を聞いているらしいのですが・・・。

1対1より 1対多のほうがいいのか?

私の説明のしかたの問題も悪いのでしょうが、はなっから聞く気がないので・・・。

で、公文かなとも思うのですが、過去の体験や夏の学習に通ったこともあるのですが、息子が繰り返しを嫌がり、宿題をしなくなり、家の中に殺伐とした空気が漂ったので、やっぱり行く気がしない・・・。

そこで、無学年制の自宅で取り組めそうな教材を探していたら、自学自習用の算数の良さそうなテキストとワークブックを見つけました。

考える力がどんどん身につくまなぼう!さんすうというものです。

ワークもあります。

アマゾンではレビューは少ないですが、楽天では良かったです。

先取り、自学自習に向いている教材ということで、気になっています。

ただ、ハイレベやハイクラスドリルも途中だし、これ以上増やすのはどうかなあ。
2015/06/08

有名私立中学の過去問を見て驚いた




先日、書店の小学生の参考書、ドリルコーナーで、ふと有名私立中学の過去問を手にとってみました。

算数はどの程度の難易度なのかわからないかもしれない。

社会ならなんとなくつかめるかなと、ある年の社会の問題を見てみました。

内容見て、衝撃です。

「えーーーと、これって、社会だよね。国語じゃないよね。」
と途中で、前のページに戻って改めて確認したほど。

なぜなら、国語の長文読解のような長い文章。

孫とと祖父と父親の会話で、成績の話から始まり、戦争の頃の話、歴史と続き、地図なども載っています。
文中にはところどころ、下線が引いてあって、それを記述で説明させる問題。

下線は
・絶対評価
・バリアフリー
・雪舟
・平塚らいてう

など・・・。

大人であっても、バリアフリーや絶対評価を意味がわかっても説明しろといわれても、明確に答えられないかもしれない。

私も
「えっと、段差が・・・」
ってなってしまいそう。

ちなみに、ウィキペディアで調べたら、
バリアフリー(Barrier free)とは、対象者である障害者を含む高齢者等の社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。
とのことでした。

段差、入ってない(汗)
物理的な障害という言葉でした。


4択の中から、雪舟を選ぶような小学生レベルの問題だと、某中学を受験するような子はみんな正解できて、
試験にならないからなのかもしれない。

あらためて、中学受験、すごい世界ですね。

ほかの教科は見ていないけど、似たようなものでしょう。

単に記憶するだけでなく、記述できるってことはそれだけしっかり理解できるということ、これを歴史だけにかかわらず、
現代用語についてもできるようにする。

って、どんな勉強法なんだろう。

大学受験のときの日本史のマークシートはこれに比べれば楽だったのだなあ。

もちろん、こういう問題の学校ばかりではなく・・・。

中堅校の社会を見たら、そちらは選択式で、わたしでもなんとかなりそうでした。

とりあえず、小学生新聞を購読したほうが良さそう。
2015/06/06

毎日残る日課たち




いろいろとさせたいことがあって、ドリル買ったり、プリントアウトしていますが、
毎日すべてが終わらないまま過ぎています
原因は・・・
帰ってきても庭で遊び続ける・・・。
やっと家にあがっても学童で残したおやつを食べながら本を読み始める。
もしくは2階にあがって部屋で遊び始める。
その間、どんなに声掛けしてもドリルや勉強はしない。
食事に時間がかかり、ようやく終わって始めるのが8時過ぎとか8時半。
花まるの宿題とドリル数枚がせいいっぱい。
学校の宿題は学童でしてくるのだけがまだマシです。

ドラえもんの学習マンガやゾロリも読むのは夜しかないし、一年生から帰宅後ずっと勉強だけさせるのもどうなのかなと思うので、平日にできることは、量は、今くらいかな。

質を高めたいですね。
ということは、しなくていいことはしない?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。