--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/14

大地震での気づき




今回の地震による被災地の皆様、被害にあわれてた方々、


心よりお見舞い、お悔み申し上げます。


都内在住の家族や関東在住の親族は無事でしたが、


義両親、義兄弟、夫の親戚が現在避難所生活を送っています。


ずっと連絡がとれず心配していましたが、


昨日、


「生きているから安心して」


というメールが一通届きました。


その後はまったく連絡が取れない状態です。


義実家の損壊状況などわからず不安もありますが、


被災地でがんばっていらっしゃる方や


多くの支援者の方々を見習い、


私も些細なことでも今出来ること、


今の段階では、節電、節水、信頼できるところに義援金を送る、


周囲の人と励ましあう、協力しあう


くらいしか思い浮かばないですが、


をしていきたいです。


流されていく家を目の当たりにしたり、



「一瞬にしてすべてを失ってしまった」



と話す被災者の方など、


災害の悲惨さを映し出すテレビの画面を見ながら、


身一つになっても生きていく力(精神力、体力、技術、能力など)、


を身につけることが何より大切だと思いました。


もちろん、それは、今までも頭でもわかっていたつもりでしたが。


そして、子供だけでなく、これからまだまだ、この世でいかされていく


自分自身もそういう力を養わなくてはと強く思いました。


また、今回、友人、知人から、安否を気遣うメールや連絡を多数いただき、


人とのつながりの大切さや人の温かさを実感しました。


私はどうしているかなとか、大丈夫かしらと思うだけで、終わってしまうことがよくあるのですが、


行動することで伝わるたくさんの思いがあるのだと気づかされました。


大災害がもたらした教訓を大切にして、これからの人生をいきていきたいです。


余震が続いておりますので、被災地の皆様、十分に気をつけて過ごしてください。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。