--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/18

「ここは地獄」・・・今、できること&義援金の送り先




我が家のメインバンクはみずほ銀行です。


そのみずほ銀行のシステム障害、


「東日本大地震の義援金の受け付けが急増したことに、


システムが対応しきれなかったことが要因との見方も出ている。


そうで、システム障害が義援金の振り込み件数に直接関連しているかは


定かではないですが、今、多くの人ができることを即行動に移しているのだと


改めて思いました。


その温かい思いが被災地に届いて、被災者の方々が一日も早く心の平穏と


安全で平和な日々を取り戻されるようただただ祈るばかりです。


数日前、避難所で生活を送っている義母から電話があり、


いつもと変わらぬ穏やかな声でした。


避難所から避難所へと転々とする生活を


「家なき子のようだ」


といってました。


私が横浜にある祖母の家に来てください。


そこなら、部屋数もあって、気兼ねなく暮らせるから


と伝えると、


「ありがとう」


といいながら突然、号泣しはじめました。


どう、声をかけていいのかわからず、夫と代わると、


息子の声を聞き、さらに激しく号泣していたそうです。


義母の声が予想以上に穏やかだったので、安心しましたが、


あとから、義母が実の姉である主人の伯母に、


「ここ(避難所)は地獄だ」


と泣いて訴えていたことを聞き


プライバシーもなく、食料も十分になく、


寒さも十分にしのげない、そんな場所で


何日間も生活をおくる義両親を始めとする被災者の方を思って、


ここ数日、無力感に鬱々としていました。


でも、私が落ち込んだところで何一つ解決するわけではなく、


無駄なエネルギーを使ってしまいました。


その時間、せめて平和を祈るとか前向きなことに使えばよかったです。


祖母の家やそのほかの主人の親戚の家が何軒も地震が発生した当初から、


「うちに来て」


とか、


「ここに来ればいい」


と言っているのですが、


義両親たちは、ガソリンがなく、上京することができないということでした。


「備えあれば憂いナシ」


というけれど、過剰な備えをせず、


必要な人に必要な物資が届くことも、今、私たちにできることだと思いました。


そして、タイトルの義援金の送り先ですが、


テレビでもサイトでもいろいろなところで、義援金を受け付けていますが、


私は災害のときなど、いつも郵便局から義援金を送っています。


今回も、郵便局で、


「義援金を送りたいんですけど」


と伝えると、


「郵便局が扱っている振込先はこの4箇所です。」


と4枚の振込み依頼書を見せてくれました。


正確な名前は覚えていませんが、


・日本赤十字


・岩手県、福島県、宮城県のそれぞれの対策本部


宛のものでした。


今までは、赤十字宛に送っていましたが、


今回は身内の多くが被災した福島県対策本部宛に振り込みました。


もし、何かしたいと思いながら、


どこに送ればいいのか迷っていたり、わからない方がいらしたら、


参考までに。


振込み手数料不要で、


郵便局で手渡された振込み用紙に送金する額、名前、住所、電話番号を書くだけなので、


簡単です。

















関連記事

コメント

非公開コメント

1. 前向きに

ほんとに被災地の事を思うと
元気がでない。私は身内にはいないけれど
会社の方が大変な事になっていて、
話を聞いただけで元気がなくなり
しばらくはブログも書く気分ではなかったです。

ただ私達が不安になり、
買いだめをしたり、暗い気分になる事は
何にもならないですよね。
私も会社から、
同じく郵便局から義援金を送りました。
ただ、自分達の日常を変わらず守ることも
大切なんだと思います。

義母さん含め、少しづつでも
被災地の方々が安心して過ごせる日々が
戻りますように・・。


2. こんにちは。

私も、エルママさんと同じく鬱々とした日々を過ごしていました。
避難している方々も地獄のような日々に耐えていらっしゃるのですね。
まだ連絡がとれない友人がいるのですが、今は、前向きにただ祈るしかありませんね。
義援金をどこに送るか迷っていましたので参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

3. 教えてくださってありがとうございます

そうなんですね・・・・
ニュースでは伝わってこない、避難所の現状です。
お義母さま、こらえていた感情だったのでしょうね。
御主人様も心配でしょう。

私がそんなエルママさんの思いに応えるために、福島にも直接、募金します。
(私も赤十字しかしていませんでした)

早くエルママさん御家族にとって穏やかな日が
やってきますよう・・・

4. 郵便局からですね・・・

本当私も無力感でついつい呆然と時間を過ごしてしまいます。

ご家族の方からの悲痛の思いを読んで、また胸が痛くなりましたが、でもやっぱり出来ることをしたいですね。。。

郵便局からの送金方法、教えてくれてありがとうございました。
今はアメリカで他の方法での募金となってしまいますが、日本に戻った後は、その方法を利用します!

5. Re:前向きに

>はらじゅんさん
こんにちは。
コメントありがとうございます!
全部同感です。
私も、ブログも書く気分ではなかったですし、
>ただ私達が不安になり、
>買いだめをしたり、暗い気分になる事は
>何にもならないですよね。
そうなんですよね。
つい無力感で暗くなってしまいますが…。
復興を信じて、日常生活を過ごしながら、
できることをしていくことが大切ですよね。
>義母さん含め、少しづつでも
被災地の方々が安心して過ごせる日々が
戻りますように・・。
ありがとうございます!
私も祈っています。

6. Re:こんにちは。

>白蘭桃花姫さん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
まだ、ご連絡がとれない方がいらっしゃるのですね。それは不安だしご心痛ですよね。
>前向きにただ祈るしかありませんね。
白蘭桃花姫さんのご友人への思いは絶対届くと思います。
私は特定の信仰を持っているわけではないですが、私もご友人の方のご無事や被災地の方の心の平安を願い祈りたいです。

7. Re:教えてくださってありがとうございます

>こうちゃんママさん
コメントありがとうございます。
食料や物資不足などは報道されていますが、避難所生活もすでに1週間を過ぎ、地震や津波で家をなくされた方、原発の影響で町単位で避難所生活を送っている方は、そのような生活がいつまで続くかわからない・・・そういった精神面の辛さ、苦しさは、はかりしれないですね。
考えると無力感でまた落ち込んでしまいますが、私も息子とこうちゃんママさんの記事を読み、パワーを送りました。
こうちゃんママさんの記事を読んだとき、涙が止まりませんでした。
コメントを書きかけましたがうまくかけず、ベタのみで失礼してしまいましたが、
七田の子供たちがパワーを送っているなら、大丈夫本当にそう思え、感動したのです。
私が息子に七田に通わせたいと思ったのは、七田眞先生の「こどもはみんな魔法使い」という本を読んだこともきっかけの一つで、息子も七田っこの先輩たちのようにイメージの力で人や地球を癒せる人間になって欲しいと思っています。
そのためにもドッツや取り組みなど私が息子にできることを頑張ってしていきたいです。
とりとめがなくなり、すみません。

募金の件、温かいメッセージも大変ありがとうございます!

8. Re:郵便局からですね・・・

>うっかり親子英語始めさせたいはーきゅんママさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
アメリカから祖国のこのような状況、ご心痛ですよね。
悲痛の思いを知っても、すぐにそれをケアしたり、緩和する方法は浮かばないのですが、出来ることをすることが結局遠くてもそれにつながると信じて行動するしかないのかなと思います。

郵便局からの送金方法、参考にしてくださり、ありがとうございます。
普段から、なるべく、被災された方や現場?の近くに送りたいと思っているので、今回は直接災害対策本部に送金できてよかったです。

9. 祈りが届きました!

>エルママさん
返信ありがとうございます。
昨晩、友人伝いに『友人と子供も無事だ』と連絡が入り、ホッと安堵しました。一緒に祈って頂きありがとうございました。お気持ちとっても嬉しかったです。
エルママさんの御親族様も被災されご心労お察し申し上げます。心よりお見舞い申し上げます。
私達こそ希望を持って応援しましょう!!

10. Re:祈りが届きました!

>白蘭桃花姫さん
こんにちは!
コメントありがとうございます!
>昨晩、友人伝いに『友人と子供も無事だ』と連絡が入り、ホッと安堵しました。
良かったですね!!!
白蘭桃花姫さんの祈りが通じましたね。
教えていただき、ありがとうございます!
親族への温かいメッセージもありがとうございます。
>私達こそ希望を持って応援しましょう!!
そうですね!一日も早い復興を信じてできることをしていきましょうねo(^-^)o
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。