--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/28

ちょっと背伸びのパズルを注文




よく幼児教育をされている方のブログで見かける公文のステップアップジグソーパズル

注文しました。

パズル好きな息子ですが、

うちにあるのは、最高で24ピースのこちら↓


Counting to Ten: Jigsaw Book/Richard Scarry

24ピースのパズルが10個ついている優れものですが、
もう少しピースが多いものを与えてみようと思い、探してみました。
アマゾンでステップ4(54・70・88ピースのパズルの組み合わせ)が品切れ中だったので、
ちょっと背伸びして写真図鑑電車・列車―ステップアップジグソーパズルステップ5
を注文。
こちらは、96・117・140ピースのパズルのセットです。
くもんのサイトの商品説明では、スモールステップで進めたほうが良いと書かれてありますが、
楽天のレビューを見ると、2歳後半、3歳児でもできたという意見もけっこうありました。

それに我が家にはリチャード・スキャーリーのパズルだけで、10セットあり、
他にもパノラマパズルや100均のパズルもあって、
これ以上、パズルのピースが増えると、管理も大変なので、
難しかったら、一部使うなり、少し、寝かせておけばいいかなと思っています。

私はパズルというと角や端から探して置いていくのですが、
息子のやり方を見ていると何度か作って絵やピースの位置を記憶して置いていっているようです。
息子が場所を記憶するまでは、親もかなり付き合うことになりそうですが、
1人で集中してやってくれるようになってくれたら、少しは親の自由時間も増えるかなあなんて、
そんな下心もあったりします^^;
なにしろ、夕食作ろうにもDVDは
「見ない。バイバイ。」
と拒否で
「ママ、ここ」
と自分の隣を指して、座って一緒に遊ぶように要求されます><
おかげで最近はもっぱらスピード料理ばかりです・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。