--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/10

背伸びのパズルはやっぱり…




先日の記事 に書いた背伸びのパズル。

到着後、まだ三回しかやっていません。

でかけていたり、忙しかったりもあるのですが、

親の私がすると疲れるからというのが主な理由。

96ピースのパズル、けっこう大変ですね・・・。

セットの117や140ピースなんて考えるだけで、

気が遠くなりそうです・・・。

これ1人でするようになったら、私の自由時間も相当増えそうな気がするけど。
そして、昨日から1/3の32ピースだけすることに・・・。

親子で楽しく幼児教育♪-110510_1107~01.jpg

それでも、ほとんど私がしています^^;

B4版の大きさで11台の電車が描かれているので、

ピースが細かくて、一片だと何が描いているのかよくわからない><

しかし、これ、2、3歳の子で1人でできたら、本当、すごいですね~。

うちの息子はというと、パズルの裏の数字に夢中。

「『1』どこ~?」

「『2』は?」

と順番に探し回り、

見つけると隣同士くっつけて遊んでいました。

私も数字を参考にしちゃいました。

数字の向きで

「このパズル、こっち向きか」

と、確認したり、
「『76』だから、下のほうね。」

などなど。

本来のパズルのやりかたと違うような・・・。

うーん、これでできるようになったとして、

それもどうなんだろう?という気もしたり。

数字を探す息子に、

「ママ、『99』あった~」

と言われ、

うん?全部で96ピースのパズルだから、『99』はないはずなんだけど。

と思ったら、

「66」でした。

惜しい!

でも、「99」読めたんだね。

と驚きました。

数字と順番を覚えるのには良いかも。

息子はほとんど数字探ししかしていないのに気に入って、

昨日の朝、起きるなり、

「『1』はどこ~?」

と言ってました。

保育園の帰りになかなか歩いてくれないときも、

「家に帰って電車のパズルやろう」

というと、

走り出しました。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。