--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/24

結果をどう受け止めるか




今日は仕事でした。


仕事が終わり、フィードバックを受け取り、


「高評価ですね。」


と取引先の方には言っていただきましたが、


よくよく見ていくと、


自分の課題が見えました。


95点とったのに、


落とした5点にフォーカスして、


喜べないようなそんな気分です。


帰りながら、こういう評価って


どうやって受け取ったらいいのかなと考えました。


いろいろな人がいて、それぞれニーズも違うから、


完璧なんて無理、おおむね満足なら、


よくやったって、思っていいのか


それは自分に甘いだけなのか…。


子供のころからテストに対して、こうだったら、


もっと成績良かったんでしょうね。


昔は、


「80点取れた!やったあ」


ってそんな性格だったんです。


親からテストは80点以上じゃないとダメと


言われていたから。


80点以下のテストはひそかに捨ててました。


復習もせず。


息子にはそうなってほしくないので、


テストは何点であってもいいから、


絶対とっておいて、間違えたところを


復習させる習慣をつけさせたいと思っています。


と、テストのことを書いていたら、


テストも現状どこまで理解できているかをはかるものだし、


仕事のフィードバックも現状を認識して、今後の糧にするための


材料ととらえればいいのかなと思えてきました。

関連記事

コメント

非公開コメント

1. 大事なことですよね。

自分も子供のころは復習の習慣なぞありませんでしたので、子供にどうやって教えたらいいかまだ見当がつきません。。
というか、自分自身、習慣化できているかというと怪しいとこです。
よし!今後の子育てテーマとして、模索してみることにします。 よい契機づけを頂き、ありがとうございます。

2. Re:大事なことですよね。

>ひささん
こんにちは^^
コメントありがとうございます。

確かに私も自分がというと
ついつい甘くなりがちです^^;

でも、だからこそ、子供には、
声かけが必要だなと感じています。
言われなくても自ら進んでやって
くれるような子になってくれたら
いいのですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。