--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/16

うごきのことばえじてん




保育園への通園途中、


電チャリの後ろに乗せている


息子が


「上がる」


「下がる」


「見る」


「走る」


「止まる」


とぶつぶつ・・・。


どうやらそのときどきの動作を口に出している模様なので、


一緒になって


「車とすれ違う」


「ポストの横を通り過ぎる」


「車が来ないか確認する」


「ボタンを押す」


「横断歩道を渡る」


と言いながら行きました。


そして、今日の夜の寝かしつけには、


うごきのことばえじてん/ひかりのくに

今朝口にした動作の言葉を探して読んだり、
その言葉の反対語クイズをしました。
「ひろい」の欄には反対語の「せまい」が端に書いてあるので、
それを隠して反対語などを探して読みました。

それぞれの言葉に2コマのイラストが描かれているので

わかりやすかったようで、興味を持ってみていました。

対象年齢は3歳から6歳ですが、

3歳代ではほとんど使用しませんでしたあせる

うごきのことば (言葉図鑑( 1))/偕成社

アマゾンのレビューを見たら、こちらを見つけました。

このシリーズも面白そうですね。

こっちのほうがとっつきやすくて自然に語彙を増やせるかも。

関連記事

コメント

非公開コメント

1. 無題

こんにちは。

昨日、五味さんの『うごきのことば』をちょうど読んだところでした。

加古さんの『ことばのべんきょう』のレベルアップバージョンだなと思って、借りました。

開いて、その細かさに、私は「うわっ(>_<)」と思いましたが、子供は気に入ったようです。

シリーズものなので、他のも借りようと思いました。

日本語の絵辞典は、良いものがないと聞いた事がありましたが、そんなことはないですね。

2. Re:無題

>ありすちんさん
こんにちは^^
コメントありがとうございます!
『うごきのことば』、
加古さんの『ことばのべんきょう』のレベルアップバージョンなるほど~。
あの本、親子で好きなので、ますます
読みたくなりました。
しかし、そんなに細かいのですね。
息子さんのように気に入ってくれたらよいのですが。
私も他のも読んでみたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。