--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/17

自民党圧勝で母として気がかりなこと




昨日の選挙は家族みんなで投票に行きました。

投票所前は行列で投票するまで15分以上待たされました。

亡き父が「戦後こんなに素晴らしい日本を作ったのは自民党だ」と常々言っていたので、

それが刷り込まれ、ずっと保守系の政党に投票してきましたが、

今回は反対票を投じる意味で、父が生きていたら、

「馬鹿者」

とののしられかねない政党に投票してきました。

その政党を支持しているとか政権とって欲しいとか、

マニフェストがすべて一致したわけでもないですが、

第3極に投票して選挙後に自民とくっついたら意味がないので。


結果は自民党圧勝。

夜のニュースを見て、これほどまでに勝つとは驚きました。


景気は一時よくなるかもしれませんが、
原発のことやTPPのこと以上に、

憲法改正のことが非常に気がかりです。


第9条の戦争の放棄や戦力不保持というところが改正されてしまい、

集団的自衛権行使という名の元に事実上の戦争が始まったり、

徴兵制が復活なんてことになったりしないだろうか。


こんなに大事に育てた息子を兵隊にとられたらと

想像しただけでも苦しいです。

昔の人はよく産めよ増やせよって戦地にわが子を送り出せたな・・・。


そして、息子が国を守るためという大義名分のために、

誰かの命を奪ったり、傷つけたりしたらと思うと、

なんのために一生懸命育てているのだろうと思います。


息子には、国籍や思想が違うから、領土をおかしたから、

侵略したからといって人から命や自由や喜びや

大切なものを奪うことはどんなことがあっても許されないのだと

戦争は絶対してはいけないことなのだと教えていかなくてはいけないと思いました。

教育の現場でも、戦争の恐ろしさや残酷さを伝えていってほしいです。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

1. 同感です。

こんにちは。

選挙結果を暗澹たる思いで見ていました。

息子二人の我が家。

徴兵制が復活してしまうと、泣きたくなりました。

何と言われようが、平和ボケ万歳派ですので。

また、良く皆、唯一と言っても良い、原発ゼロではない政党に入れたな(しかも福島県も一つ抜かして全部自民!)と驚きました。

「強い日本」希望。

強さって何なのか。

強さって、難しいですね。

英語をしていると、主義主張が違う人ともわかりあわなければならない、というのは、教えやすいかもしれませんね。

外国人に限りませんが。

2. Re:同感です。

>ありすちんさん
こんにちは^^
コメントありがとうございます!

同じような思いで選挙結果を見ていたのですね。
きっと。
ありすちんさんの記事のマニフェストマッチ私もしました。同じく民主、自民とは一つも一致しませんでした。もしかしたら、共感するマニフェストがけっこう一致していたかもですね。実は、このことをコメントしかけたのですが、文章がまとまらず投稿せず削除してしまいました。

私も平和ボケ万歳です。
自国で作った憲法でなくても第9条の戦争放棄のところを変えられてしまうくらいなら、
いいと思っています。

ワイドショーも落選した閣僚のことを延々と流さずもっと自民党のマニフェストの内容をつっこんで報道して欲しいです。

東電の株がストップ高と報道してましたね。
原発政策進めてきた自民党ですから、
これからどうなるのでしょうね。

次の参院選は圧勝しないことを願っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。