--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/10

2度目の転園




息子は月曜日から新しい園に通い始めました。


初日は、今までの園とは勝手が違い、戸惑っていたようですが、


お迎えにいくと、園庭で満面の笑みで全力疾走している子がいて、


みたら、うちの子でした。


そして、その後ろをお姉ちゃんたちが追いかけてました。


新しい園も縦割りで、初日は女の子たちに何かと面倒を見てもらっていたようです。


その後は不明。昨日は迎えに行くと一人で迷路をしていました。


女の子とはほとんど遊ばない息子です・・・。


たぶん興味が違いすぎるのだと思います。

HPを見たときは横割と思っていた新しい園ですが面接&説明会にいったら、


3歳児以降はこちらも縦割りでした。


前の園ではこの縦割りに親子で最初驚きましたが、


今回は前の園と一緒なので、その点は大丈夫だったようですが、


おもちゃの場所がわからなかったり、


また、遊びたいおもちゃがあっても、新参者のため、


周囲に遠慮して遊べないようで、


「今日は(お部屋では)パズルしかしなかった」


「(園庭では)ずっとかけっこしていた(本人曰く一人でらしい)」


と言ってました。


そんな話を聞くと、2度も年度途中で転園させてしまい、申し訳なく思います。


でも、そんなとき、高濱先生の本に出ていた


「学校は揉まれに行くところ」


という言葉を思い出し、

なれない環境で戸惑うのも、一人で輪の中に入っていくのも、


いい経験のはずと開き直っています。


永住目的で家を建てたので、今後引っ越す予定もないですし。


以前の園のときも最初の数日は前の園に戻りたいといってましたが、


いつの間にか馴染んでいたので、


今回も時間が解決してくれるかな。


今度の園は私立ということで特色を期待をしていましたが、


公立園で長く勤続された先生が定年後、ヘッドハンティングされたのか


園長をされているので、


前の公立園と用意するものや保育内容がほとんど一緒です。


こちらも相変わらず午前も午後も1年中園庭か近隣の公園での外遊びをしているようです。


ただ、昨日の帰りに


「今日反対語カードみたよ」


と息子がボソッと言っていたので、


そういうカードも見たりするのかな。


あと、見送りにいったら、


先生に


「お仕事しよう」


と声をかけられていました。


お仕事ってモンテッソーリみたいだなと思い、


少し取り入れていたりするのかも。

気になったのは、今までの2つの公立園は非常勤の先生がけっこういたのですが、


私立のせいか、先生の人数が少なく、ギリギリでまわしているような印象です。


時間外を頼むときも直接園長先生にお願いしなくてはいけないようで、


遅くなりそうなときは、電話一本で延長を頼めた公立園に比べるとハードルが高いです。


そして、セキュリティの厳重さは今までの園で最強です。


民間の会社が入っていて、暗証番号を入力しないと門が開かず、


出るときもロック解除の必要があります。


駅前や繁華街に近いわけでもないのにと驚きです。


それだけ治安が悪くなっているということなんでしょうか。


なにはともあれ、いろいろなことを吸収して楽しく過ごしてくれたらと思います。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。