--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/23

分からん帳を作ってみた




親子で楽しく幼児教育♪-130122_2112~01.jpg



分からん帳を作ってみました。




分からん帳とは、今読んでいる絶対学力
の中で紹介されているのですが、




問題集や教科書などから、




一回、解いた問題で、間違った問題を切り抜いてノートに貼り付ける





というものです。





二度目に解いて正解になったり、ヒントをもらって正解になったりした





ものも含めるそうです。





年長~とあったのですが、年少ですが、4月からは年中だし、





七田プリントBはほとんど間違えることなく進んでいて、





2巡する必要はないとしながら感じてましたが、





たまに設問を理解できず上記の問題のように





間違えることがあるので、それを貼っておくのに良さそう♪





上記の問題は、

「差」を求めるという意味が理解できなかったようです汗





こちらの本の感想ですが、





公文式や高速学習、100マス計算全否定な感じで、





七田も批判されています。





今まで読んできた本とは違う意見も書かれています。





たとえば、スキャモンの発育曲線に関する解釈など。





なので、正直、半信半疑で読み進めているのですが





「やってはいけない家庭学習」





のところの





「垂れ流し学習」





苦労が報われない形だけの学習(やっている割に成果が出ない)





など、





確かにと思う面もあります。








いいところは取り入れていきたいです。


新・絶対学力―視考力で子供は伸びる/文春ネスコ



¥1,470

Amazon.co.jp





にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

1. 見習いと

常に前向きに、そして研究なさってるママさん!私も見習いたいです!頑張らないとだ!私

2. 無題

こんにちは。

読もう読もうと思って、素通りしている本です(爆)。

今やっていることを否定されるのは、わかってますが、一意見として、知っておきたいです。

どんぐりクラブ、アツイ感じで、引き気味なのですが、得意の良い所取りを予定しています。

いつも「どちらを採るか」「どちらを選ぶか」決断をせまられますね。

3. Re:見習いと

>のあさん
こんにちは^^
コメントありがとうございます!

>常に前向きに、そして研究なさってるママさん!

いえいえ単に教育本や子育て本を読むのが好きなだけなのですが^^;

情報があふれているから選択に迷いますね(^_^;)

4. Re:無題

>ありすちんさん
こんにちは^^
コメントありがとうございます!
いただいたコメント、同意見です(爆)

私も存在知りつつ、内容も想像でき、
読もうという気にならなかったのですが、
家庭学習の方法など具体的で参考になります。
まだ読み途中ですが。
これさえやっておけば完璧という教育法はきっとないから、わが子にあわせてチョイスで良いのではと思います。

5. どんぐり文章題

お姉ちゃんが年長から小1くらいで、
糸山先生のどんぐり文章題(絵で解く文章題)のお世話になりました。

著書も読んでおきながら、公文の算数(しかも超先取り)と並行して(爆)

結果、お姉ちゃんは算数女子です。
目の前の子供の様子を見ながらのおいしいところ取りが一番良いのだと思います♫

6. Re:どんぐり文章題

>ミニーママさん
こんにちは^^コメントありがとうございます!

文章題も気になっておりましたので、
体験を伺えて嬉しいです!
公文と平行されたのですね。
公文はいずれ通わせると思うので、
並行されたお話、とっても参考になります。

算数女子いいですね~

うちも算数男子になってほしいです。

>目の前の子供の様子を見ながらのおいしいところ取りが一番良いのだと思います♫
本当にそうですよね(^-^)

7. 無題

いつもエルママさんのおすすめ図書タイトルをコピーして、図書館検索させてもらってます。
こちらの本も検索してみます~。

私もちょうど今、早期教育否定論者の本を読んでて。考えさせられます。。
でも、みなさんが言われるように、子供の反応を見ながら取り組みたいですね。
我が息子も算数男子になってほしいな~。

8. 無題

こんにちは。先月から、過去blogも含めて読ませていただいてます!

垂れ流し学習…!現在0歳9ヶ月の息子にドッツ・かな絵ちゃん、DWEしてますが、私がやってるのもそう(垂れ流し学習)なのではないかと心配になりました!!この本読んでみようと思います(^o^)

エルママさんいつも試行錯誤しながらお子さまを導いて、私も見習いたいと思います!

9. Re:無題

>nanoさん
こんにちは^^コメントありがとうございます!

>私もちょうど今、早期教育否定論者の本を読んでて。考えさせられます。
考えられますよね。
でも、いろいろな意見を知っておきたい面もありますね。
算数好きになってくれるといいですよね。

10. Re:無題

>じゅんこさん
はじめまして^^
コメントありがとうございます!

垂れ流しはかけ流しという意味ではないので
大丈夫です。

あ、でも、著者は早期教育反対のようですが。

垂れ流し学習とはただたんにドリルをといたり、
教科書読んだりと、時間はかけるけれど、
弱点を意識したり、できないところをしっかりと見直したりしないような流れ作業のような学習のイメージです。
個人的にはこの本の良い部分は小学生くらいから活用できるように思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。