--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/12

幼児期に地頭の基礎をつくるためのポイント




脳科学者が教える 子どもの地頭をよくする方法/篠原 菊紀
¥1,575
Amazon.co.jp


という本を読んでいます。


地頭に関係する脳の前頭葉のワーキングメモリという作業領域や、


地頭力を支える「やる気」や「意欲」のメカニズムについて


解説してあり、それを鍛える方法が載っています。


幼児期にするといい遊びやオススメの教材なども書いてあり、


付箋貼りまくりで読んでいます。


備忘録をかねて、ブログにもアップしていきたいのですが、


今日はその中から幼児に地頭の基礎をつくるための、


親の心構えの話を。


以下、ピンクの文字は、脳科学者が教える 子どもの地頭をよくする方法/篠原 菊紀

の引用です。


まず、幼児期に地頭の基礎をつくるためのポイントは


①そもそも何のために地頭を鍛えようとしているのか、目的を明確にする。


②地頭を鍛えられる遊び、教材について知る。


ことだそうです。


そして、


「目的がせこければ、その子の育ちは結局せこいレベルになりがちです。


いい大学に入って、いい企業に入って、いい生活。東大に入って、


上級公務員に受かって、将来は天下りで転々と。それだけが目的ならば


哀れな話です。」


(中略)第一そのレベルの目的では、モチベーションが維持できません。


「未来のビジョン、それも『世のため、人のため』


に連なるビジョンを描き続けることこそ、


真の地頭力強化の道です。」


そして、こここそが親が介入できる場所なのだそうです。


具体的には、


「子供に勉強しなさいという言葉の裏で、世のあるべき姿、


人の優しさ、未来のビジョン、『世のため、人のため』、


そんな言葉が浮かぶようにして欲しいのです。」


さらに


「子供は社会からの預かりものです。子供の脳に蓄積される知恵や知識や


経験は、学校や社会の助成など公の力を借りて育つものです。


子供の地頭力は、あなたのお子さんのものではありません。


あなたのものでもありません。


いずれは社会にお返しする公共財なのです。


そのための学習だと考えてください。」


とありました。


これを読んで、妊娠中にであった


「こどもは授かりもので、預かりもの」


という言葉を思い出しました。


我が家の幼児教育の目指すところは、


「自立」すなわち息子が社会に出たときに


自分の力で生きていくことができるように


でしたが、


そういう個人レベルだと、モチベーションは保ちにくいということなので、


一歩進んで、社会に貢献できるように、世のため、人のために


お役に立てる人間になりますようにと高い意識を持って、


育てたほうがいいのかなと思いました。


ついつい自分の子だから、そんな大それたことはと思ってしまうんですよね。


目標をできるだけ高く、大きなスケールでとそういえば、


苫米地さんの本にも書いてありましたね。

関連記事

コメント

非公開コメント

1. こんにちは

コメント欄には初めての書き込みです。これからも宜しくお願い致します!

この本、本当に良い本ですね、僕も参考にしています。ドクター苫米地の本も、幼児英語教育には欠かせない事がたくさん書かれていますから常に参考にしています。良書ですね。

2. こんにちは

うちは、子供の同級生の保護者から、
「○○くんは地頭が良いから、受験勉強は六年生からで良いよ~」
とか
「地頭が良いに決まってる!」とか言われ、
地頭?!そんな言葉あるんだ?
なんでも地頭のせいにするの?
本人もすっごく努力してるんだけど?
と、思っていました。

この本、読んでみたいと思います(=⌒▽⌒=)

3. Re:こんにちは

>Kenさん
こんばんは^^
コメントありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い致します!

本当にそうですね。メカニズムと
具体的な鍛え方が載っているので参考になりますね。

4. Re:こんにちは

>taaさん
こんにちは^^
お子さんの子供の同級生の保護者の方は、
地頭=もともとの能力の高さ、
生まれつきの頭の良さ
というイメージで使っていらっしゃるのかも
しれないですね。
明日の記事に書きますが、
この本の
地頭力の定義は問題を解決する「考える力」だそうです。

息子さんは、きっとどちらの意味でも
地頭いいんでしょうね。
それは、幼児期からの働きかけの成果なのでしょうか?
興味あります!
本、具体的な脳の働きや実験結果などがあって参考になりますよ~

5. 無題

こんにちは。
すごく良さそうな本ですね。
エルママさんの本チョイスはすっごく参考にさせてもらってるので私も早速買って読んでみます!!!
私も地頭が良い子になって欲しいとおもっているのですが、高学歴になって欲しいというよりも一人でも生きていける力をつけてほしいからです。なので早速注文しちゃいますね。

6. Re:無題

>mapleさん
こんにちは^^
この本、科学的根拠と鍛え方の両方が
載っているのでなるほどーと
思いながら読みました。
そして、運動の重要性を改めて認識
しましたよ!

私もmapleさんの記事もされていることも
いつもすっごく参考にさせていただいています!

私も一人でもしっかりと生きていける力をつけてほしいからいろいろしていましたが、
この本を読んでから、
もっとスケールの大きな目標を描いて
働きかけをしたほうがいいのかなと
思い始めています。

7. こんにちは

もの凄く共感できて読み進めてしまいましたヽ(^。^)ノ
なるほど地頭って表現なのですね。フムフム
私はその言葉を知らなかったので幼児期のIQという表現使っていました。
そして 良い大学に入って、良い会社に入って的な考えが哀れな話というところにもの凄く共感できます。私も苫米地さんの本を読んで 影響されてます。

また読みに伺います(^-^)

8. Re:こんにちは

>chocolat3 天才児を育てたいママさん
こんにちは。
コメントありがとうございます!
熱心に取り組みされていらっしゃいますね。
私もあのころに戻ってもっといろいろ働きかけたいです・・・。
>そして 良い大学に入って、良い会社に入って的な考えが哀れな話というところにもの凄く共感できます。
私もこの本のこの部分や子供は公共財とかすごく共感して子育ての戒めにもなっています。

また、ぜひ遊びに来てください!
私もいかせていただきます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。