--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/22

早期教育の弊害と効果




過去の記事の日付を直していて、「早期教育の弊害」を心配していた記事を読み直し、懐かしい気持ちになりました。

当時は、本当に、フラッシュカードの弊害を気にしていて葛藤しながらしてました。

息子に見て欲しいような、でも、見ないとホッとするような^^;

でも、今のところ、早期教育の弊害はまったくと言っていいほど感じていません。

以前記事にした取り組みを家でさせないでほしいと言われた幼児教室でも

「大変伸び伸びしたお子さんなので、無理やり何かをさせないほうがいいです。」

と言われました。

まあ、かなりマイペースなので、そういう意味かもしれませんが^_^;

一方、効果はというと、まだ、年齢が4歳なので、なんとも言えない部分はありますが、これは取り組みしていたからなのかなと思うところはあります。

早期教育というと一般的に月齢の標準より、

・文字や絵本が読める

・数字が多く数えられるとか計算ができる

・物事が理解できる

と思われがちですが、それはおそらく早期教育や幼児教育を外から見ているだけのように思います。

確かにカード見せたり、知育玩具で遊んだり、プリントやドリルさせたりはしますし、ブログの記事もそれ中心なのですが、それは記事にしやすいからであって、それだけをしているわけではないです。

脳科学の研究者、カヨ子おばあちゃんのご主人やはなまる学習会の高濱先生のような方が、外遊びの重要性や知能と運動の密接な関係を世間に声を大にして知らせてため、
勉強だけさせようとする教育熱心なママやパパはほとんどいないのではないかと思いますが、1歳から通った幼児教室(七田)では、当時はそこまで、「外遊び」と言われていませんでしたが、指を使ったトレーニングや運動の取り組みがレッスン中にもあり、個人面談でも歩くことや運動を勧められました。

逆にカードは勧められませんでした・・・。

おかげで、息子はとても体力があり、長時間歩いてもへこたれません。

まあ、これは、親がというより、最初に通っていた保育園が園庭が狭かったため、お散歩で近隣の大きな公園まで毎日歩いて行き、そこで、これでもかというほど、走ったり、遊ばせてくれたおかげです。
保育参観のときに付いて行って親も相当疲れましたが、子どもたちは元気いっぱい。
無認可の保育園から転園してきたばかりの子だけが、
「疲れた~」と途中でしゃがみ込み、泣きそうになっていました。

あと、不器用な私からは信じられないことに、息子は「器用ですね」と言われます。

実はこれが、私が成果らしきものとして感じているもので一番大きいかも。

他には、絵を褒められます。

私は、七田の会報誌に載っている素晴らしい絵ばかり見ていたので息子の絵なんとも思っていなかったのですが、今まで3つ通ったすべての保育園の先生に言われたので、もしかして、右脳なのかなと思っています。

まあ、通っていなかったらどうだったのかはわからないんですけどね。

それと、以前うけためばえ教室の知能検査でも高い数値が出た
「聞く力」と「記憶力」は七田のお陰ではないかと思っています。

めばえ教室では、

「絵本の読み聞かせや語りかけをたくさんしてきたんですね。」

と言われました。

確かに言葉が遅くて悩み続け、調べ、いろいろなアドバイスを受け、ほとんどすべての人に絵本の読み聞かせとテレビやビデオの時間を制限することと言われたので、それもあるとは思いますが、
やっぱり右脳的な取り組みドッツやフラッシュカード、暗唱、かけ流しの成果かなと思います。

まあ、こんなところではありますが、葛藤しながらやってきて、大変な時期もありますが、やってよかったと思っています。



最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。