--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/25

好奇心を育て考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365




 お誕生日プレゼントとして贈ったもののもう一つがこちら。




以前、書店で、考える力を育てるお話 366を見て、良さそうだったので、今度機会があったら買おうと思っていたのですが、

アマゾンに注文しにいった際、、好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365を見つけ、

レビューがこちらのほうが高かったので思わずポチッ。

中身を見た感想としては、こちらのほうがより理科よりです。

そして、カラーで図も多く読みやすいです。

考える力を育てるお話はイソップ物語などの定番的なお話から、歴史や科学など、幅広いです。

うちには、子どもが眠るまえに読んであげたい 365のみじかいお話があり、そちらに定番&イソップ童話は網羅されていますので、好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365で良かったように思います。

ただ、この本、内容はかなり高度です。

年中だと用語自体が???の話もたくさん。

小学校の中学年くらいだと理解できるようになるかもしれません。

小学校の入学祝いなんかでも良かったのかなとも思いますが、本人はカラフルで絵も多くて喜んでいます。

渡してからまだ数日ですが、

「今日のお話読んで」

と持ってきます。

毎日1話読んで、3周くらいする頃には内容を理解できるようになっているかもしれません。

親のほうが、

「なるほど」

と勉強になることが多く、読んでいて楽しいです。

親が両方文系で、私は理科が超苦手なので、理科的な種まきはしたいなと思っていましたが、

図鑑は我が家ではあんまり活用されていません。

置き場所の問題とかもあるかもしれませんが、この先、図鑑を増やしても本棚の肥やしで終わっちゃいそうなので、毎日1話で科学的なお話はちょうどいいなと思います。

小学生の子へのプレゼントとかにも喜ばれそうです。

とくに教育熱心な親御さんには。

渡した時義両親もいましたが、

義父が

「これ、モノにできたら、すごいなあ」

と言ってました。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。