--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/02

幼児教室か通信教育か市販のドリルか




タイトル通り、
「幼児教室か通信教育か市販のドリルか」
で迷っています。

私が早期教育的なことに足を突っ込んだのは息子が4ヶ月のときに買ったディズニー英語システムがきっかけです。

当時はDWEを使って親子でバイリンガルという夢を描いておりましたが儚く消えました。

というとDWEの営業妨害になってしまいますが、ちゃんとそういう風に育っているお子さんもブログでたくさん拝見したので、あくまでも私の取り組み方の問題です。

1歳半健診で言葉の遅れで引っ掛かったことが英語の取り組みを見直し、知育的な早期教育(七田式)に取り組むきっかけになりました。

「バイリンガルになったら、いいな。」

じゃなくて、

「息子がこのまま言葉が増えなかったら…、

早産だから…(妊娠中仕事ばかりしてた)

赤ちゃんの頃から英語ばかり聞かせていたから…」

と後悔や自責の念に駆られることがいっぱいあったので、

英語より真剣に取り組めました。

なかなか見てはくれなかったけど、フラッシュカードもドッツも3歳まではしていたしね。

今、うるさいくらいよくしゃべる息子を前に同じことを毎日しろと言われてもできないですね。

やっぱり危機感て、人を本気にさせますね。

今は危機感もなく、お受検するわけでもないので、なかなかモチベーションも上がらないですが、それでも、働きかけを続けようと思うのは、

「脳は6歳までに9割成長する」

という説を聞いたからです。

幼児教室ではなく、テレビ番組で北海道の大学教授が言っていました。

だから、小学校以降にIQテストをしてもほとんど変わらないのだそうです。

そして、6歳までに脳の器を大きくしておくと、その後、本人が何かを勉強をしたいと思った時の習得の容易さが異なるらしい。

です。

私立小学校出身者(小学校受験経験者)の友人、知人がいますが、なるほどと頷ける感じがします。

皆さん共通して処理能力が高いです。

ちなみに出身大学もトップレベルです。(付属ではないです)


そんなわけで6歳までは何かしら働きかけをしたいと思っていますが、幼児教室はなかなか条件に合うところを探すのが難しいですね。
平日に通えると選択肢も広がるのですが…。

家で、ピグマリオンとも思いますが…

七田プリント3枚でさえ、やっとの我が家なので。

DWEのように課題とかあるほうがまだモチベーションが高まるかな。

そもそも5歳の子にどんな働きかけをするかを考えたほうが良さそうですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。