--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/06

小3までに力を入れるのは英語?算数?




花まる学習会の高濱先生の小3までに育てたい算数脳を読んでいます。

高濱先生の本は読みやすくて、わかりやすくて説得力があります。

この本を読んで、「算数!」「図形」取り組もうと思いました。

相変わらず単純です^_^;

あ、でも、この本は、教育熱心な親が子供を無理やりのばそうとして潰すとあり、幼児教育を奨励しているわけではないです。

文字や計算を幼児期に教えこまれた子が好奇心や勉強への意欲がなかったりといったような幼児教育をしている身にはドキッとするような記述もあります。

「算数脳」とは、生きる基盤となる力だそうです。
この能力は小学校の3年生までにほぼ決まるのだとか。

その力とは、
・見える力(図形センス)
・空間把握力
・試行錯誤能力
・発見力
・詰める力(論理性)
・要約力
・精読力
・意志力


そして、この力は、

「外遊び」

で育まれるとあります。

でも、アマゾンのレビューを読んだらこんなの見つけました。

「高濱先生ご推奨の「外遊び」は散々した私(田舎育ち)ですが「算数脳」には特に恵まれなかったので、100%の保障はないと思います(笑)」

確かに。

私も外遊びいっぱいしたし、異年齢の子たちともいっぱい遊びましたが…。

まあ、空間認識力を高めるような積み木やブロックはほとんどしていないから算数脳育たなかったのかも。

もちろん、この本の内容には同意できるし、おっしゃる意味もわかるのです。

で、算数脳をしっかり伸ばすためには、外遊びやキャンプ、川遊びなんかもいっぱいしたいと思いますが、

図形や試行錯誤しながら問題を解くこともいっぱいさせたいと思いました。

そこで、最近、週1できているかどうかのピグマリオンのカリキュラムをもう少し、頻繁に進めていきたいと思ったのですが、そうなると英語(DWE)との両立がなかなか難しい。

語学は真面目に取り組めばできるから、後回しでもいいのような記述がありましたが、どうなんでしょうね。

算数同様英語脳も育たなかった身としては悩ましい。

この本オススメです。

七田プリントCが終わったら、このあたりをしようかな。






関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。