--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/17

ipad mini知育アプリ大下博士の熱中算数教室




ipadminiを購入しました。

仕事&趣味用ですが、幼児教育にも使えそうなアプリもたくさんありますね。

七田プリントCがあと2ヶ月くらいで終わりそうですが、その先は、ドリルやプリントをどうしようかと思っていましたが、アプリでいける?ということに気が付きました。

紙類が増えないのでスペースも取らないし、うまく活用できるといいのですが、視力とか、
ゲームに走らないかとかちょっと気になる面もありますね。

その点を考慮しながら使わせないといけませんね。

宮本算数教室 『賢くなる算数』もありましたが、小学校4,5年にオススメだそうです。
早すぎですね。

そこで1年生から使えそうなのを探したら、

・[iPad] 大下博士の熱中算数教室

というのを見つけました。

こちらは、2300円の有料アプリですが、全学年分 合計5930問あり、以下が含まれているそうです。

たし算:1170問
ひき算:800問
かけ算:850問
わり算:560問
時間:120問
分数:900問
少数:470問
速さ:20問
重さ:50問
長さ:140問
面積:30問
かさ、体積:60問
図形:125問
百分率、割合:200問
倍数、約数:150問
比:150問
比例、反比例:120問
場合の計算:15問

毎日2レッスンを続けると「集中して考える訓練」ができ
お子様の理解力や記憶力といった基本的な知的能力も発達し、それがすべての学習に好影響を与えます。

とあるので、これを使って算数の先取りをするという手もありますね。


1年生用(大下博士の熱中算数教室 1年生)は400円でした。

そして、各学年10問ずつの無料版→大下博士の熱中算数教室 無料版

もありました。

まずはこれを試すのもアリですね。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。