--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/30

読み・書き・計算が子どもの脳を育てる




昨日、ショッピングモールの書店で見つけた読み・書き・計算が子どもの脳を育てる を読んで、迷走していた通信教育や低学年中の家庭学習に対する考え方が少し変わりました。

この本では、画像を使って脳の働いている部分を示し解説してあります。

目で覚えようとするときと、書きながら覚えようとするときの脳の使われている場所。

難しい計算問題を解いている時と、一桁の計算問題を解いている時の脳の使わている場所の違い。

それが、画像で説明されているので、わかりやすく、説得力があります。

音読は、黙読よりも働いている脳の範囲が広い。

難しい計算は脳の左側がおもに使われているのに、一桁(けた)の足し算などの単純な計算は、左側も右側も広く使われているなどの解説があります。

脳の発達において重要な時期に当たる小学校低学年では、「読み・書き・計算」が有効。

基礎的な学習を十分に行うことで、「前頭前野」が育ち、脳が活性化し、なおかつ「考える力もつく」とのことでした。

東大生は左脳が発達していると以前どこかで読みましたが、難しい計算や問題を子供の頃から解いてきたからなのかもしれませんね。

低学年の時期はバランスよく育てたいなということで、方向性と教材がみえてきました。

すごく、読みやすい本なのでオススメです↓


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。