--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/09

東大脳が育つ家庭環境チェックリスト




東大脳になる勉強習慣

を読んで、


東大脳を育む否かに限らず子どもの能力を伸ばすのに


どんなことを習慣にすればよいかを


備忘録をかねてアップしたかったのですが、


量も多くてなかなかまとめられないので、


ちょうど、付録に「東大脳が育つ家庭環境チェックリスト」


というのがあり、


要は、その質問にYesと答えられるような環境づくりをすれば


良いのだと思ったので、そちらを記述します。


東大脳が育つ家庭環境チェックリスト


Q1 子どもの幼い頃の成功体験を親が演出している


Q2 子どもの能力に制限をつけないでやれるところまでやらせている


Q3 本人の自発的な意思を引き出すようにしている


Q4 甘え放題にしていない


Q5 お小遣いを特別な関心事に捉えないようにしている


Q6 子どもが見るテレビ番組や時間について子どもと約束事がある


Q7 子どもをむやみに怒らない


Q8 父親の趣味の時間に子どもを参加させる


Q9 子どもと過ごす時間がとれないときには交換日記や手紙を書いている


Q10 夫婦間のコミュニケーションが良好


Q11 勉強は親の目の届くところでやっている


Q12 子どもの学ぶ時間が作れないときは親も一緒に調べて学ぶようにしている


Q13 親も机に向かう習慣を持っている


東大脳になる勉強習慣
より

どれも、親がものすごく頑張らないといけないことではなくて、


ちょっと意識すればできるかなと思うようなことばかりだなという印象です。


成功体験は子どもの得意なことを見つけて、


自信をもたせる機会を作ってあげるよう親がサポートしたり、


お膳立てしたりする必要はあるかもしれないですが。


絵とか運動とか音楽とか習字とか勉強とか学校など外部で


評価されやすいものが何かしら得意だと本人も自信を持ちやすくて有利ですね。


我が家はDWEと七田のお教室のシステムを活用できたらと


思っています。


そして、このチェックリストの中にはないけれど、


よく幼児教育の大切な要素として言われる


・絵本の読み聞かせ(読書の習慣)


・運動


も、東大脳を育むには重要なことのようです。


更新の励みに。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。