--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/09

100マス計算始めました。




先日の記事(→)に書いた読み・書き・計算が子どもの脳を育てる
を読んで、100マス計算を始めました。

最初はiphoneのアプリを使っていましたが、紙のほうがいいですね。

ネットで探すとダウンロードできるものがたくさんあります。

こちらもそのサイト
学び舎基礎学力向上サイト
http://dailywork.net/modules/100masu/

こちらのサイトによると(陰山先生の本に書かれていたことのようです)
小学1年生の目標は
100マス計算が最後までできること(たし算、ひき算)

初回は全問正解でしたが、15分かかりました^^;

2年生の目標は、
100マス計算(たし算、ひき算、かけ算)がそれぞれ3分以内でできること
だそうです。
3分すごいですね!
3年生は2分です。

そして、何でもそうですが、あるメソッドに対して、批判的な意見って必ず出てきますね。

七田にしても公文にしてもありました。

フラッシュカードも。

子どもが3歳くらいまで、毎日、ドッツカードとフラッシュカード見せていました。
効果はあったかもくらいです(ドッツは正直まったくわかりません)が、私やって良かったと思っています。
ちょうど、七田がかなりバッシングされたあとで、
「フラッシュカードの弊害」が気になり、さんざん検索もしたりして、
効果と弊害、どっちも気にしながらも毎日200枚以上見せてました。

100マス計算も検索しているときも批判を見かけ目を通してみました。

でも、うちは計算力とスピード(のんびり屋なので)をつけるのにも良いし、さらに脳を活性化するのなら、やろうと思いました。

読み書き、計算は脳の全身運動(読み・書き・計算が子どもの脳を育てるより)ということなので。

私も答え合わせするので、脳トレになっています。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。