--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/19

中学受験する理由




昔、同じようなタイトルで記事を書いたような気がしますが、内容は違います。

まわりの中学受験をした友人、知人の理由はおおまかにわけると

・子どもが中学受験したい
・◯◯中学に入りたい
と言い出したという能動的な理由と

・地元の中学に通わせるのが心配
・公立への不信感

という親の不安からという2パターンです。

で、我が家は、今のところこのどちらにも当てはまっていない。

なのに何故中学受験させようと思うのか。

まあ理由は少しはあるのですが。


最近、地元の中学の評判が思っていた以上によいことを知りました。
と同時に中学受験する子が意外と少ないことも判明・・・。

息子の小学校は市内では学力が高いほうらしく、隣の小学校はさらに上。
賢い子が多いと先生の間でも有名らしい。
中学はこの2つの小学校が同じ校区。

公立中学が荒れていないので、不安から、受験する子はほとんどいないらしく、
受験するのは、成績上位の子達で、進学先は近隣の上位校。

うちの周辺の私立は、難関校と難関校のうけざらの上位校、そして、
その反対のレベルに二極化しています。

中堅どころの私立は遠い。

だから、上位レベルに入れないなら、公立で良いという選択になるのでしょう。

何が何でも私立って思わない分、気楽かもしれませんが、
上位に入れなかったら公立でという選択をすると、
受験することを公にしずらいですよね。
そもそもそんな環境で、受験勉強したり、塾に通うのはなかなか大変。

子供の頃、クラスで知っている限りで三人中学受験した子がいたけど、
合格したのは、受験の2ヶ月前からほとんど学校に来なかった男子1人のみ。
都内の有名私立中学に進学しましたが、
ああいうことが私と息子にできるかな。

その同級生は妹さんも都内の御三家に進学し、
引っ越していきました。

ご両親がよほど熱心だったんでしょう。

小学生の頃は、ほぼ毎日、放課後は公園かだれかの家で遊んでいました。


その中で、受験するのは、クラスの半数近くが受験する都内の小学校より
強い意志と動機が必要かも。

ここに通いたいと強く思う学校があるか、
絶対、地元中学に行きたくないか。

そんな理由がこの先出てくるのだろうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。