--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/28

中学受験全勝の子の話を聞いていて感じた中学受験必勝のカギは。




先日叔母が遊びに来て、この春中学受験をして、第一志望校に進んだ従兄弟の子の受験の話を聞きました。

息子にとっては、はとこ。

中学受験のきっかけは、Nの全国統一小学生テスト。
広告を見て、4年か3年の終わり頃に受けてみたそうです。

で、2科の結果がよかったので、4科で受けませんかと連絡が来て、受験しにいき、そのまま、入塾。

地元の中学校の評判が悪かったり、本人が、女の子が苦手で男子校に興味があったなど、本人や親が受験に興味を持ちやすい背景はあったみたいです。

受験の意思決定は本人がするといったそうです。

2番めのクラスからスタートして、すぐに一番上のクラスに上がったって話は入塾した頃に聞いていたのだけど、その後どうなったのかなと思ったら、全部合格したそうです。

従兄弟の奥さんも息子さんもさっぱりしていて、世間体気にするタイプでないので、塾選びにしても受験にいたる過程にしても、ブレたり、迷走せず、淡々取り組んだろうなと話聞きながら思いました。

うーん、それがカギかも。

あと、本人の意志ってところがやっぱり強い。

うちも、この二つさえ抑えれば、なんとかなるかな。

あとは、信頼できる塾との出会いですね。

従兄弟の子は、小さい頃から公文をやっていたので、算数は得意だったようで、それは有利だったのだと思います。

といって、じゃあ、我が家も公文に行くかというとそれはまた別で。

うちは、花まるに通いつつ、塾さがしをしていこう。

それより、本人が受験するというかが問題だ。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。