--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/29

四谷大塚リトルオープンスクール体験




再び四谷大塚のリトルオープンテストを受けてきました。

そのあとは体験授業。

前回は終わった後、
「簡単だった~100点」
その後、問題と解答を見て、
「1問間違えた」
と言っていた息子でしたが、
「難しかった。2問、じゃなくて3問書けなかった)」
と言ってました(~_~;)

まあ、入学してからの勉強量がこれですから…。

現実を知るために受けています。

終わってから、四谷大塚のリトルスクールの体験授業でした。

後ろでみていて、授業より、子どもたちに目が行く私。

課題があって、後ろでできた順に先生に◯をもらうので、
お子さんたちの出来具合がよくわかります。

みんな普通にできる~
家でいろいろやっているよね。(たぶん小さい頃から。)
と思われる子ばかりでした。

こういう子たちが受けているわけだから、テストの平均点も高いわけですね。

そして、あらためて、中学受験はそういう子たちの集まりなのだと認識しました。

体験授業でさえそう感じるので、実際に入塾している子たちは、さらにレベルが高いのでしょうね。

途中からは、花まるやめて、こっちに通ったほうがいいのかなと思いながら観ていました。

花まるも教材とか四字熟語読んだり、絵を見て話を作ったり、短時間でいろいろするところは良いのですが、
・・・なこともあります。
たとえば、各テーブルの先生が若くて学生みたいな感じで、子供の学習について話してもわからないんですよね。
私も学生時代、塾の講師のアルバイトをしていて、中学レベルの勉強は教えられたけど、
子供にどう声掛けすればいいかとか聞かれてもわからなかっただろうから仕方ないのですが。


今回、四谷大塚のほうは先生が、10人くらいに3人で、フォローが行き届いていて、
勉強面での相談とかはのってもらえそうだなと思いました。
たとえ、先生がわからなくても、そこは塾なので誰かしら具体的なアドバイスをしてもらえそうでした。

実際、説明会でもそんなお話でしたし。

あと、廊下に読書の記録みたいなのも貼ってあって
そういう点でも、読書の張り合いができたり、塾を活用できそう。

でも、遊びながら、楽しく学ぶ授業ではありましたが、
受験のスピードとかに対応するように考えられているから、
競争ぽいところもあって、のんびり屋でマイペースな息子にはストレスになるかなと。
今からここに入れてしまうのは酷な気もしもしました。

そういう中で刺激されて発奮するタイプならいいんですけどね。

花まるもキューブキューブの競争とかあるのですが、それは得意みたいだし、
あの雰囲気だとできなくても、ストレスになる感じではないので。

そんなことをいろいろ考えるとやっぱり我が子にはあの明るい雰囲気のほうがあっているような。

でも、夏期講習は行ってみようかなと思っています。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。