--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/15

個人面談。勉強よりも大事なこと




先日、入学してはじめての個人面談がありました。
息子は学校のことはあまり話さないので、どんな様子なのか、
給食はちゃんと食べているのか(これが一番気がかり)
気になっていました。

授業態度はこの間の授業参観でわかって、思ったより積極的に授業に参加していたので、
安心していました。

面談では、最初から、
各科目のテストを見せられました。
カラーのテスト以外にも登場人物の気持ちになって言葉を入れるプリントや五十音。
さらに作文。
それから、給食当番や掃除などの様子について。
「みんなと協力して楽しそうにやっています。」
「こちらの話もよく聞いているし、前に出て発言するときもしっかりしています。
休み時間も外で遊んでいるし、
友達ともモメることもなく、自分のペースで過ごせています。」
「働き者だし、一年生なりの責任感もあって・・・。」
と、面談というより、ほとんど学校の様子を伺っただけで終わってしまいましたが、
予想以上に、学校では頑張っているようでした。

そのしわ寄せが家庭で出ているのかな。

家では、私のいうことはまったく聞かない(パパのは聞く)
ちょっと注意しただけで泣いたり、感情を爆発させる。
といった感じです><

まあ、どこかで発散させないとね。

家でいい子過ぎると、学校でストレス発散したり、ハメをはずしたりするかもしれないし。

最近、息子のわがままと癇癪に育て方を間違えたのかしらと思っていましたが、
家では逆にのびのび過ごしているということなのかもしれないと少し寛大な気分になりました。

そして、一番安心したのは、給食当番や掃除を楽しくやっているということでした。
どんなに勉強できても、こういう役割を嫌がったり、手を抜くようでは、
「メシが食える大人」
になれるか不安なので・・・。

勉強できなくても、そういう役割を喜んで出来る人は、
きっと社会でもちゃんと自分の居場所を見つけて生きていけると思います。

気になっていた給食は
「好き嫌いないですよね。とくに遅いという印象もないです。」

と。

こちらもすごいギャップ。

うちでは、ものすごく遅くて、なかなか食べないんですけど・・・。

口にあわないということか(-_-;)

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。