--/--/--

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/06

「受験疲れ」に注意




先日の記事 に書いた「受験疲れ」について。


年末年始にみんなで教育について話していたときに義弟が何気なくいった言葉。


「○○(彼の出身の私立小学校)の友達は、中学受験をして、


私立中に進んだけど、その後はあんまりパッとしない人が多い。


大学もそんなにいいところに入ってないし。


反対に高校の友達は、校風が自由でほとんど校則がなくて、


そのまま上の大学に行けるから、


大学受験のための勉強はしていなくて、


そのせいか、大学に入ってから突然、勉強を始めた人が多かった。


それで、大学在学中に司法試験や公認会計士の試験に合格したり。


卒業してからもがんばっている人が多い。」


彼の出身の私立小学校の友人の多くは


有名私立に入るために塾通いをし、


スクールバスの停留所にある最寄り駅に週のうち3,4日は、


親御さんが着替えと塾で食べるためのお弁当を持って迎えに来ていたそう。


私立の小学校に通わせるだけでもお金がかかるのに


その上、塾に行かせたり、送迎したり、


金銭的にも、労力的にも親は大変ですね。


でも、そうやって、有名私立中学校に入っても、


今度は、私立の授業についてくための勉強や


大学受験のための勉強で疲れきってしまい、


次第に勉強に対する意欲が低下してしまったのではないかと


彼なりに分析していました。


ちなみに彼は、塾には行かずに家族に勉強をみてもらい


私立に進学したそうです。


でも、在学中はみんなが塾に行くのに1人だけ電車に乗って


家に帰るのがとても嫌だったとか。


小学校の友人、大学時代の友人いずれにしても、


全員が全員そうというわけではなく、


あくまでも彼の周りの人がということなのだと思いますが、


その話を聞いたときに、以前読んだ公立校で伸びる子はここが違う! に書かれていた


私立の中高一貫校に入ってからの勉強の大変さについての記述を思い出しました。


息子が中学受験するとしても10年後だし、


するかどうかは本人の意志次第と思っていますが、


今、住んでいるエリアにこのままいたら、


受験率高そうなので、よっぽど勉強嫌いじゃなかったら、


するのかなあと漠然と思ったりもします。


どちらにしても、試験に合格するための勉強だけで疲れきってしまい、


学ぶ楽しさや目的を見失わないように


そして、彼の大学時代に勉強を始めた友人たちのように


単位をとるためや卒業するためだけではなく、


自分の意志で自分自身の人生やヴィジョンのために


進んで学ぼうという向学心のある子に育てていきたいと思いました。


といっても、何をしたら、そうなるのかは分からないですが。


今できることは、

脳科学者が教える 子どもの地頭をよくする方法/篠原 菊紀

に書いてあった


「学び」と「快」を結びつけて、


「学ぶことは楽しい」


ということを潜在意識に植えつけることくらいでしょうか。


更新の励みに。応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

非公開コメント

1. 同感です

小6の時、同じ塾に通う私立中学受験した子は
上まで学校がついているので、
そこから勉強しなくなって・・。。
本来行きたかった公立高校、
国立大学には行かなかったです。
その子にもよると思うけれど、
受験疲れってあるだろうなと思います。

私、高校までずっと公立ですが、
まわりの国立大学へ行った人たち、
塾とかもにほとんど行かず・・・・
今もステキな職業についてます・・。

ほんと自主的に学びたいと思えるきっかけを
息子にあたえてやりたいなと思います。

2. 「受験」は「手段」ですからねえ

「受験」は「なりたい自分」になるための「手段」の1つですから…。それを「目的」にしちゃうと、つらいですよね。

まずは「どんな大人になりたいか」。いろんな体験をして、いろんな大人に会って、いっぱい本を読んで。そんなことを通して、「なりたい自分」を見つけるのではないでしょうか。

個人的に、中学受験でやる学習内容は、知識や教養、情報を処理する能力の向上にとても役立つと考えています。あくまでも「手段」として、有用な経験だと思いますよ。

3. Re:同感です

>はらじゅんさん
こんにちは^^
>上まで学校がついているので、
そこから勉強しなくなって・・。。

中学に合格するのが目的だと
そうなってしまうんでしょうね。
そういう私も大学入った途端
勉強しませんでした(><;)
息子に同じ轍を踏ませないように
したいものです。

4. Re:「受験」は「手段」ですからねえ

>こたまりぃさん
こんにちは^^
>「受験」は「なりたい自分」になるための「手段」の1つですから…。それを「目的」にしちゃうと、つらいですよね。

本当、そうなんですよね。
でも、熱くなりすぎて
いつのまにか手段が目的になっちゃうことも
あるのかもしれないですね。
親として気をつけなければと思いました。

>個人的に、中学受験でやる学習内容は、知識や教養、情報を処理する能力の向上にとても役立つと考えています。あくまでも「手段」として、有用な経験だと思いますよ。

私は、中学受験経験ないですが、
そういうプラス面も大いにあるのだろうなと
思います。
だから、親としてはチャレンジさせたい
気持ちもあるんですけどね。

ただ、実際、中学受験生抱える友人見ていると
予想以上に大変そうですね。
いろいろな面で。

5. 親の気持ち次第!

>エルママさん
昔と変わらないなら、中学受験って3年生の3学期から始まるんですよね。で、5年生までの2年間で全ての分野を一通り学習して、6年生は志望校別に絞った学習をすると。土曜日の特別授業や日曜の模試、塾によっては合宿なども…。

金額的も相当かかりますよね~。軽食やお弁当持ちで行かないといけないこともあるし、夜10時近くまで塾で自習していて迎えに行かないといけないこともあるし。結構、負担が大きいと思います。

でも。半分は親の「焦る気持ち」を利用したビジネスだったりします。「どうせなら難関校へ入れて元を採りたい」気持ちにもなるし。親がどこまで流されずに踏みとどまれるか…も、あるかなあと。

私が夏休みから半年勉強を見た男の子は、小6から勉強を始めたけれど、3年間ずーっと勉強していた子と同じ大学付属校に合格してました。ズバ抜けて優秀だったわけではなく、短期間に集中して真面目に取り組んだ結果だと思います。

トップ校を目指すのでなければ、ほとんどの子は「やり過ぎ」なんですよね…。きっと。

6. 何の為に勉強するのか

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年も拝見させていただきますo(^-^)o


子供ながらに、なぜ勉強するのか考えた時、答えは漠然と、将来自分の役に立つからだ、となると思います。

それが、親が言うから、や、良い学校に入る為など、答えが「自分」から離れてしまうと、勉強、そして人生の意味がわからなくなってしまう気がします。

受験、良くも悪くも大変そうですね…。うちは公立で頑張って欲しいです(>_<)

7. こんばんは

今年もどうぞ宜しくお願い致します♪

我が家は転勤族なのでほぼ確実に公立予定ですがすごく参考になりました。
私も娘には自分の人生のために、また自分が希望する道に自分の力で進むことのできる人間に育ってほしいと思います。
なのでそのためにも今から勉強ではなく学ぶ事が好きな人間になれるよう努力しようと思います。

いろいろ参考になる記事ありがとうございます♪

8. Re:親の気持ち次第!

>こたまりぃさん
なるほど~
ものすごーく参考になりました。
ありがとうございます!

やっぱり、すごく大変そうですね。親も子も。

>でも。半分は親の「焦る気持ち」を利用したビジネスだったりします。「どうせなら難関校へ入れて元を採りたい」気持ちにもなるし。親がどこまで流されずに踏みとどまれるか…も、あるかなあと。

それくらい客観的かつ冷静に取り組めたらいいんでしょうね。
渦中にいてそれができるかが問題ですね。
とくに最初の子は勝手がわからないから、
どこまでやったら、「やり過ぎ」なのかの判断も難しそうですね。

そのお子さんのように短期間で集中して成果を出すのが理想ですね。
特別優秀な子でないのなら、勉強の取り組み方が良かったのでしょうか?あと、家庭教師の腕も。

9. Re:何の為に勉強するのか

>ありすちんさん
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
私もちょくちょくお邪魔させていただきます(^-^)

>それが、親が言うから、や、良い学校に入る為など、答えが「自分」から離れてしまうと、勉強、そして人生の意味がわからなくなってしまう気がします。
なるほど~。
勉強の目的を「自分から離さない」も大事なキーワードですね。
親がつねにそのことを意識できるような働きかけをしたいですね。
間違っても親を喜ばすためとかにならないように。

>受験、良くも悪くも大変そうですね…。うちは公立で頑張って欲しいです(>_<)
公立、私自身は中学のときにいろいろな人を見て、それが社会に出てから役立っているので、そういう意味では公立という選択肢も捨てがたいような。
とくに男の子なので。

10. Re:こんばんは

>mapleさん
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致します(*^▽^*)
>なのでそのためにも今から勉強ではなく学ぶ事が好きな人間になれるよう努力しようと思います。

私も幼児教育をやっている目的はそれかなと思うようになりました。
単に学校の勉強ができる子ではなく、いろいろなことに意欲的に楽しみながら取り組める子に育ってくれたらと思います。

今年もmapleさんの取り組みや記事を参考にそして、刺激にして頑張りますo(^-^)o
どうぞよろしくお願いいたします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。